Amazon Echo、呼びかける前から会話を全録音して分析できる特許技術

  • 5,431

  • author Jennings Brown - Gizmodo US
  • [原文]
  • 湯木進悟
Amazon Echo、呼びかける前から会話を全録音して分析できる特許技術
Image: Alex Cranz/Gizmodo US

えっと、それはすべて筒抜けということ?

スマートスピーカー、使ってますか? そう、あの「Alexa(アレクサ)」って呼びかけては、いろいろリクエストにこたえてもらえる「Amazon Echo」などの製品です。意外と導入すれば、スマホ中毒から解放される効果があったり、やはり便利にはなるんですって。ただし、プライバシー保護の心配はつきものですけどね…。

このほどBuzzFeedは、Amazon(アマゾン)が米国で取得した新特許技術を紹介。その特許によって実現するのは「起動ワードよりも前に話された言葉でも、しっかり聞き取って分析できるシステム」なんだそうです。要はAlexaとかのウェイクワードによってスマートスピーカーは待ち受け状態になり、コマンドに応じてくれるわけですが、この起動を命じるワードを先に述べることが不要になり、もっと自然にスマートスピーカーを活用できるようになるみたいですよ。あくまでも特許なので、すでに実装された機能ではありません。その点だけご注意を。

たとえば、これまでは「アレクサ、明日の東京の天気は?」とか呼びかけると、知りたいことを教えてくれていたのが、たとえ「明日の天気だけど、アレクサ、東京はどう?」というふうに、文の途中で話しかけても、呼びかけられる前の言葉からつなぎ合わせてレスポンスがあるんだとか。わかりやすく説明するならば、Apple(アップル)は、iOSデバイスに「Live Photos」を搭載し、シャッターボタンを押す前から撮影記録を始めていますが、そのスマートスピーカー版といった感じでしょうか?

それにしても、これはAmazon Echoで、ユーザーから呼びかけられて起動する以前から、いつも周囲の会話を聞いて録音分析できるシステムが整ってしまうことを意味してもいます。

あくまでもAmazonは、特許技術は可能性を示すものであり、これが本当にAmazon Echoに実装される具体的な計画があるわけではないとの立場を取っているようです。同特許のなかでも、常に録音される音声データは、Amazonのサーバへと送られる必要がなく、起動ワードに結びつかなかった場合は、次々と消去されていくようなシステムになると説明し、プライバシーへの配慮もなされてはいるみたいですよ。いずれにせよ、どんどん便利になるテクノロジーと、どこまで私生活に入り込むのを許すかの線引きは、今後ますます難しくなっていくことでしょう。

Source: BuzzFeed

    あわせて読みたい

    powered by