勘ぐると止まらない。Amazonのホームセキュリティ会社がニュースを発信する不安

  • author Melanie Ehrenkranz - Gizmodo US
  • [原文]
  • そうこ
勘ぐると止まらない。Amazonのホームセキュリティ会社がニュースを発信する不安
Image: Getty

善意に隠れた真意…?

Amazonが、犯罪速報に特化した編集者を募集しています。なぜAmazonが?と不思議に思いますが、実際に求人をかけているのは、昨年Amazonに買収されたスマートインターホンのRingAmazon求人情報にある仕事内容には、「地域へ犯罪速報アラートをいち早く届けるための編集チームを管理すること」と書かれています。求める人材は、速報・犯罪取材の経験者で、アメリカの犯罪傾向に深い知識のある人物。マネージャー職なので、もちろんチームをまとめる管理スキルも重要です。職場はカリフォルニア南部。

Ring&ユーザー&警察による新型パトロール

ジャーナリズム経験豊富な人材を求めてはいるものの、Ringがやろうとしているのは、犯罪と安全に関するアラートをRingの地域アプリNeighborsに配信すること。Neighborsは、Ringインターホンカメラで撮影された動画をユーザーが投稿できるアプリです。

Ring編集部からの投稿もあり、ニュース編集部が存在することで、より正確な情報がより速くアップされるなら、それに越したことはありません。また、Ringは警察とも連携しており、地域の安全・犯罪情報は警察からもアプリに発信されます。Ringは、Neighborsアプリを各地域の新たなパトロール隊の形と考えています。

本当の狙いは販売促進……じゃないよね?

米GizmodoがRingにコメントを求めたところ、欠員がでたので補充するだけで大げさな話ではないと釘を刺されてしまいました。しかし、Ringでセキュリティ向上させて地域の犯罪を減らしたいとうRingのミッションを見ると、考え方によってはちょっと不安。

ネタ元のNieman Labの指摘によれば、アメリカ市民の犯罪への不安が不用意に高まっているというのです。犯罪件数自体は減少傾向にあるものの、実際には人々は犯罪が増えていると感じているという調査もあります。その原因の多くは、メディアの報道の仕方にあり。ホームセキュリティプロダクトを売りたい会社がニュースを発信すれば、嘘はつかずとも不安を煽ることで購買意欲を高めることができるわけで…。

…いや、そんなねじくれ曲がった考え方しちゃダメよ。犯罪を減らしたい!というなら、その言葉をそのまま信じたいわよ。それでも、印象を操作するのは困難ではないとなればねぇ、ちょっと不安になってしまう今日この頃。

Source: Neiman Lab

    あわせて読みたい

    powered by