Amazonが自動梱包マシンを導入予定。人員削減? いいえ、倉庫スタッフには起業をすすめています

  • 7,104

Amazonが自動梱包マシンを導入予定。人員削減? いいえ、倉庫スタッフには起業をすすめています
Image: CMC Machinery/YouTube

Amazonにとって都合がよい話。

Amazonが自動梱包マシンを倉庫に導入予定。これを報じたロイター紙によれば、マシン導入によって1300人が仕事を失うといいます。

自動梱包マシン「Carton Wrap 1000」をプロデュースしたのは、イタリアの会社CMC Machinery。注文された品物に応じて、ダンボールを曲げてカット、異なるサイズの箱を瞬時に作り、梱包していきます。梱包スピードは、人間が作業した場合と比べ約4倍から5倍。トップのGIF画像見ると、実に見事なものですね。発送用のラベルまでプリントしてくれるのでまさに至れり尽くせり。Carton Wrap 1000が導入される予定なのは、アメリカにある55のAmazon倉庫。マシン導入で、各倉庫あたり約24人の人員削減に繋がります。

米GizmodoがEメールで問い合わせたところ、米Amazonのロボティクス部門担当者より以下の回答がありました。

安全性を高め、配達スピードをあげ、全ネットワークでの効率化をすすめるため、新しいテクノロジを試しています。効率化によって、顧客にはより新しいサービスを提供でき、結果として新たな雇用を生み出せると考えています

Amazonは、各地域にて数年にわたる雇用創出を約束するかわりに各自治体から多額の税金カットをうけています。ゆえに、Amazon倉庫での人員削減には消極的。どうやら、新たなマシン導入で人員カットする代わりに、AmazonにはAmazonの考えがあるようです。

Carton Wrap 1000と紐づいて発表されたわけではないものの、報道があった日にAmazonはこんな発表をしていました。既存のAmazon倉庫スタッフに退職を促し、Amazon配達関連の会社起業を手助けするという制度です。「Delivery Service Partnerプログラム」は、制度を利用して退職するスタッフに年収3カ月分の退職金と最大1万ドルの配達業起業資金を提供するというもの。この資金で、企業に必要な初期費用、Amazon配達車のリース費用やユニフォームなどを捻出してねというわけ。ちなみに、制度利用者は退職するわけで、Amazonの社員ではなくなるため、健康保険を含むAmazonの福利厚生は受けられなくなります。

本プログラムについても米Gizmodoが問い合わせたところ、PR担当者よりこう回答がきました。

Amazonは、今までも社員のキャリアや夢を応援する制度を多数行なってきました。今回、既存スタッフ限定で起業支援制度を立ち上げることで、彼らがキャリアをステップアップさせ、自身の配達ビジネスを作ることができるのではと期待しています


ビジネスで成功するには、大きく考え、判断力をつちかい、顧客のために結果を出さねばなりません。Amazonの社員は常にこれを鍛錬できる環境にいると考えます。本制度によって、社員は次のステップにすすみ、中小企業オーナーとなるチャンスがあるわけです

…うまいこと言いますね。確かに、これを好機ととらえる人もいるでしょう。これをキッカケに成功する人もでてくるかもしれません。しかし、Amazonにとってかなり都合がいい話ですよねこれは。近年、翌日配達や同日配達に力をいれるAmazonは、配達ネットワークをより拡大&強化したいわけです。その配達網を、Amazonの車のってAmazonのユニフォーム着ているけどAmazon社員じゃない人で作ろうとしているようにみえますよ。…やっぱりAmazonにとってかなり都合がいいわよねぇ。


Source: Reuters, AP

    あわせて読みたい

    powered by