Apple独自の5Gモデムは2025年までおあずけ?

  • 17,061

  • author 塚本直樹
Apple独自の5Gモデムは2025年までおあずけ?
Image: Robson90 / Shutterstock.com

しばらくQualcommに頼りっぱなし?

長いゴタゴタの挙げ句、和解に至ったApple(アップル)とQualcomm(クアルコム)。これにより、iPhoneへの5Gモデムチップの供給に不安はほぼなくなりました。一方で、Appleが独自のモデムチップに踏み切るのは2025年以降になるとの予測が登場しています。

The Informationによると、このストーリーにはAppleとIntel(インテル)との間で起きた出来事がベースにあります。2017年にAppleの重役は、Apple向けモデムの開発に取り組んでいたIntelに非常に失望したというのです。これは、Intelが開発していたモデムチップが正常に動作しなかったことが原因です。

そして2019年にAppleとQualcommは和解に至るわけですが、Appleは自社製のカスタムモデムの開発に踏み切ります。報道によれば、Appleは従業員に対し、2025年には自社製品への切り替えに踏み切ると伝えています。

Appleといえば、これまでもさまざまな部品を内製化したり、複数メーカーから仕入れることで、特定企業への依存を避けてきました。今回の5Gモデムのトラブルも、一時的にIntelに依存していた弊害でしょう。ですので、「Aシリーズプロセッサ」のように、Appleがモデムチップの開発を進めるのは当然の選択かと思われます。

消費者としては、むしろ嬉しいAppleとQualcommの和解。しかしAppleにとっては、5Gモデムチップ供給のための苦渋の選択だったのかもしれません。


Source: The Information via 9to5Mac

    あわせて読みたい

    powered by