…今発表されるの?Apple、喘息トラッキングアプリのスタートアップを買収した模様

  • author Catie Keck - Gizmodo US
  • [原文]
  • 中川真知子
…今発表されるの?Apple、喘息トラッキングアプリのスタートアップを買収した模様
Image: Apple

Appleは医療方面に注力するつもり?

CNBCによると、Apple(アップル)が小児喘息を監視するツールを開発するスタートアップのTueo Healthを買収したそうです。Tueoは、呼吸を監視するセンサーのデータを使い、就寝時に子どもの呼吸に異変が起こったら、スマートフォンに連絡を入れるアプリを開発していました。

「市販のセンサーを使って、就寝中の喘息の子供たちをモニターします。私たちの技術で、これらセンサーのデータを活用し、個々の子どもに合わせたベースライン(基準値)を作ります」とTeuoの共同創設者兼CEOのBronwyn Harris氏が話しました。

「子どもたちがベースラインから外れたら、自動的に親に連絡が入ります。これらのアラートはインタラクティブで有益な情報に溢れています。前後関係を踏まえた情報と必要なときに必要な教育を提供することで、親が子どもの喘息をより管理できるようにサポートします」

Harris氏によると、このプロダクトは子どもを念頭に開発されたものですが、最終的には大人も利用できるようになるそうです。また、十分にコントロールできない慢性閉塞性肺疾患のためのアプリも計画しているとのこと。

TueoとApple、どちらのスポークパーソンも、この報道に関するコメントに応じていません。しかしCNBCの指摘によると、Harrisi氏とTueoのCOOであるAnura Paril氏は、LinkedInで2018年以来、雇用主をAppleにしているそうです。このことから、AppleによるTueoの買収は2018年に行なわれたと推測できますが、買収のニュースが発表されたのはAppleのWWDCのわずか1週間前です。

先月のTIME 100 Summitで、AppleのCEOであるティム・クック氏は、同社が健康状態のモニター分野で「より多くのことに取り組んでいる」と話し、「Appleが人類にもたらした最大の貢献は医療だったと振り返る日がやってくるだろう」と考えているとも加えました。

    あわせて読みたい

    powered by