新Apple TVアプリは正しい方向への第一歩

  • 8,697

  • author 塚本直樹
新Apple TVアプリは正しい方向への第一歩
Image: Alex Cranz/Gizmodo US

ソフトウェアのほうですよ。

米GizmodoのAlex Cranzが、先日のiOSアップデートで登場した「Apple TV」アプリについて、果たして「これは良いサービスなのか?」とコラムを書いています。

おもに、Apple TV アプリからケーブルテレビが契約できる「Apple TV channels」についての話です。channelsは、まだ日本ではローンチされていないサービスなのですが、ちょっと先にどうぞ。


iOS 12.3の魅力の一つは、これまでできなかった映画や番組をオフラインで視聴できること。もちろん、Apple(アップル)にお金を払う必要がありますが、これは旅行や定期的に地下鉄に乗る人にとって重要な機能でしょう。

進化したApple TVアプリ

これはApple TVアプリの「Apple TV channels」と呼ばれる機能で利用できます。channelsはケーブルテレビのHBO、Showtime、Starzなどの個別のチャンネルと契約して、それらが提供するコンテンツをApple TVアプリで視聴できるもの。前回のApple Special Eventで発表されました。Appleはケーブルテレビのコンテンツを視聴するための理想的な方法と謳います。

こういった体験は通常、ケーブルテレビやPlayStation Vueなどのストリームサービスを契約し、Apple TVに個別に紐づける必要がありました。しかしAppleプラットフォーム上で契約からサインインまで完結するので、より手軽に視聴できるようになるのです。

安定して視聴できる

channelsではコンテンツはAppleのサーバーから直接提供されるため、理論的にはより安定して視聴できるはずです。さらにHBOのようにプロバイダがオフライン再生機能を提供していなくても、Apple経由ならオフラインで視聴できます。元のプロバイダーよりも進んだ機能が提供されるのは、なんだか意外ですね。

Appleを通してのみ

しかし、ストリーミング業界は複雑で、今回のHBOやShowtimeのようなサービスに単独で加入することはできません。元Gizmodo記者のChristina Warrenがツイートしているように、Apple TVの機能をフルに利用するには、Apple経由でサービスを購読する必要があるのです。

つまり、自分が購読しているPS VueやHBO GO(HBOの番組をウェブ上で視聴できるサービス)は、Appleのサーバーからオフライン視聴することはできないのです。このあたり、1つの契約でどちらも視聴できれば一番いいんですけどね…。

これは、Appleのchannels機能がHBOから独立している、つまりApple独自の機能であることが予測されます。ですので、Appleから直接契約する必要があるのです(そして、Appleは購読売り上げの一部を得るのでしょう)。

素晴らしい。しかし、Appleでしか使えない

Appleはテレビを見たり、電話を使ったり、コンピューターで何かをすることにおいて、素晴らしい体験を提供してきました。しかし、それなりのプレミアの支払いも要求してきたのです。高品質だが、Apple限定。このサービスを受け入れるかどうか、今後を見守る必要がありそうです。

Source: Gizmodo US

    あわせて読みたい

    powered by