Apple Watchのちっこい画面で、アプリがインストールできる日が来るかも。使いづらくないか

  • 7,882

  • author 塚本直樹
Apple Watchのちっこい画面で、アプリがインストールできる日が来るかも。使いづらくないか
Image: charnsitr/Shutterstock.com

よりスタンドアロンな存在に。

Apple Watchで使うアプリは、これまでiPhoneの「Watch」アプリを通してインストールする必要がありました。しかし、次のApple WatchのOS「watchOS 6(仮称)」では、Apple WatchからAppストアにアクセスできるようになるかもしれません。つまり、Apple Watch単体でアプリのインストールができるようになるかも。

新しいwatchOSは、例年、6月に開催される開発者向け会議「WWDC 2019」にて発表されています。今年は6月3日(現地時間)から開催されます。

2インチ未満の画面でどうやって探すんだろう

Bloombergが報道した内容によると、watchOS 6では独自のストアが設定され、アプリを直接探したりダウンロードしたりできるようになります。eSIMを搭載したApple Watch セルラー版もあることですし、よりスタンドアロンに動くようにする思惑があるのでしょう。

ただApple Watchの画面はせいぜい1.5〜2インチ程度なので、どんなインターフェースにしてくるのか気になります。

iPhoneなくても、ある程度

それだけでなく、Apple Watchに計算機や(オーディオ)ブック、ボイスメモといった新たなアプリが追加されるそうです。たとえば、大事な会議の録音や飲み会の割り勘計算にもApple Watchが活躍しそうな予感がします。これも、「iPhoneなしでも事足りるApple Watch」を目指すためかも。

ヘルスケア系の強化

ヘルスケア系の新機能としては、服薬管理アプリの「Dose(仮称)」、月経管理アプリの「Cycles(仮称)」の2つの純正アプリが登場するとのことです。ここ1年のAppleは、Apple Watchをただのオシャレアイテムから、健康を促すヘルスケアデバイスとして売ろうとしています。去年、心電図計がついた「Apple Watch Series 4」が出たのもそのとおり。今年も健康をチラつかせたアップデートになるでしょう。

また、「Gradient」「California」「Solar Analog」「Infograph Subdial」といった、新しいウォッチフェイスも登場するそうです。

Source: Bloomberg via 9to5Mac

    あわせて読みたい

    powered by