中国の病院には搾精マシーンがある

  • 248,585

  • author 中川真知子
中国の病院には搾精マシーンがある
Image: LADBIBLE

エロとテクノロジーで知られる日本にもこんなのない。ない? ないよね?

中国の病院にピンクのイソギンチャクの口みたいなのが内蔵されているマシンがあるとネットがざわついています。Lad Bibleによると、どうやら男性の体液を採取するための電動ホールみたいなものなんですが、なんでそんなものがあるのでしょうか?

病院でピーーーーーなんてしたくない

男性が体液を病院に提出する理由はいくつかありますが、一般的に、新鮮な体液を提出するためには、個室に入ってひとりでコトを済ませないといけないわけです。ところが、中には「ひとりでなんてしたくない」という人もいるわけで…。

そこで誕生したのが、このマシン。どこの『デモリションマン』だよ、と言いたくなるほどの近未来感に溢れるテックが『ふたりエッチ』な動きを再現して体液を搾り取ってくれるのだそうです。とりあえず、マシンが動く様子を動画でご覧ください。

「中国の会社によると、これはクリニックで使う自動精液摂取マシンだそうだ。ドナーが病院の提供する環境でマス(中略)ションするのを嫌がったら使うらしい」

この衝撃的な映像は瞬く間に拡散され、多数のメディアで報じられました。まぁ、当然ですよね。なんと表現したら良いのか…。どうやって摂取するのかとか、どうやって掃除をするのかとか、接触部分は使い捨てなのかとか、色々気になりますし。

The SUNによると、このマシンは体液ドネーションの不足を懸念した中国政府のために中国の企業が開発したのだそうです。国営メディアは、ボランティアに向けて「もうちょっと協力してね(意訳)」や「国の高齢化問題を軽減するのを手伝ってね(ほぼママ)」といったメッセージを送ったようですが、多くの有望なドナーは臨床環境でマス(中略)ションすることにウンザリして協力的ではない様子。

Lad Bibleによると、このマシンの開発者であるDing Guijiang氏はロイター通信の問いかけに対して病院側は「会場や設備を用意することなく体液の抽出をドナーの自発的行為に依存しています」と話したそうです。

「これでは現場で体液を収集することを困難にさせるだけ。だから、私たちはユーザーフレンドリーな自動抽出装置を発明したのです」

思わず、「お、おぅ…」となってしまいますが、Ging氏は続けます。「これは女性を意味していて、前後に動くことで行為を再現してくれるのです」

これを導入することで中国の高齢化社会問題が少しでも解決できるのかどうかはわかりませんが、中国が想像を超えてディストピアだったことはわかりました。私は女なのでわかりませんが、果たして男性のみなさんはこのマシンなら体液を提供する気持ちになるものなのでしょうか…?

Source: LAD BIBLE, Twitter, THE SUN

あわせて読みたい

powered by