一億画素の超つよ中判ミラーレス「GFX 100」正式発表。価格オープンのおそろしさよ…

  • 12,189

  • author ヤマダユウス型
一億画素の超つよ中判ミラーレス「GFX 100」正式発表。価格オープンのおそろしさよ…
Image: FUJIFILM

一切隠せてないラスボス感。

「FUJIKINA 2019 Tokyo」のプリカンファレンスでも発表された富士フイルムの中盤ミラーレス「GFX 100」が、正式に発表されました。価格はオープン、発売日は2019年6月下旬。

190523gfx100_01
Image: FUJIFILM

では、その胸焼けしそうなスペックをざっと見ていきましょうか。新開発の1億200万画素ラージフォーマット、エンジンも最新のX-Processor 4。

さらにイメージセンサーは裏面照射型で、最大5.5段分のボディ内5軸手ブレ補正機構、さらに4k30pの動画撮影機能を搭載。この3つを搭載した35mm判以上のデジカメは世界初とのこと。

AF速度は「GFX 50S」「GFX 50R」に比べ最大約2倍。378万の像面位相差画素をイメージセンサー全面に配置し、フレームの隅から隅まで追いかけます。最新機種からの技術引き継ぎとしては、「X-T3」「X-T30」に搭載されている最新の位相差AFアルゴリズムを採用。顔・瞳AFの精度も飛躍的に向上し、障害物に遮られても追従するとか。ソニーじみてきましたな。

190523gfx100_02
Image: FUJIFILM

本体重量は1,400g。ボディはマグネシウム合金製で、防塵性、防滴性、耐低温性も完備。

EVFには世界最高クラスの約576万画素の有機ELパネルと非球面レンズを含む5枚のレンズを使用。これは覗いてみたいでしょ…! ファインダー倍率は0.86倍、視野率は約100%。

などなど、もうキリがないほどのてんこ盛りっぷり。ソフト的にも、16bit RAWと16bit TIFFに対応したり、自動で肌をレタッチしてくれる「スムーススキンエフェクト」なる新機能を追加したりと、ナウい仕様になっています。肌レタッチ機能は気になるなぁ。

あ、バッテリーはGFXシリーズ専用の「NP-T125」をそのまま使えます。何気に802.11ac 5GHzに対応してるみたいで、テザーやRAW転送も業界最速。高画素なだけでなく、あらゆるステータスが最新アップデートされた、まさにモンスターミラーレスと呼ぶに相応しいカメラではないかと。ここまできたらお値段カンケー無い?

Source: 富士フイルム, YouTube

    あわせて読みたい

    powered by