Googleは、私が昨夜チキンフィンガーを買ったことを知っている

  • 8,079

  • author Melanie Ehrenkranz - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
Googleは、私が昨夜チキンフィンガーを買ったことを知っている
Image: Justin Sullivan/Getty Images News/ゲッティ イメージズ

Google以外のアプリで買ったものも、購入履歴に並ぶ秘密とは?

おそらく、皆さんはもう、インターネットと時間を過ごすことは、Googleがアナタのデータをたくさん収集しているってことと同じ意味なのをご存知かと思います。ですが、彼らはGoogleのサービス以外でも、アナタを追跡しているって知っていましたか? Amazonで買ったものとか…。

たとえば、米GizmodoのMelanie EhrenkranzのGoogle購入リストの最初に書かれているのは、チキンフィンガー(胸肉のフライドチキンのような料理)。これは前夜に、食事のテイクアウトと配達をしてくれるSeamlessスマホ用アプリから注文した商品でした。

Gmailから追跡

Googleが侵略的な方法でユーザーを追跡するやり方は、最初にCNBCが記事に書き知られることになりました。Googleアカウントの「購入」という履歴ページに行けば過去の買い物を見られます。Melanie記者は、最低でも2012年の買い物まで遡ってチェックすることが出来たのだそうです。

ログイン - Google アカウント

https://myaccount.google.com/purchases

Googleよりますと、それは彼らのサービスを通して行なった買い物や予約情報を収集しますが、それだけでなく他所で購入しても注文の確認や領収書をGmailに送信するようにした場合も、その情報を収集しているとのことです。ちなみに僕は、AmazonとAppleのApp Storeで買った履歴が確認できたものの、楽天で買った履歴はありませんでした。

その謎を解く鍵は?

Melanie記者については、Google系サービスから購入したものでないさまざまな商品も、履歴にあったそうです。たとえば先のSeamless、メイクアップに関するアプリのSephora、iTunes、ハンドメイド商品の売買ができるEtsy、コンタクトレンズ通販の1-800-CONTACTS、それにAmazonがなどなど。

リストに並んだ商品名をクリックすれば、注文IDや納品予定日時、それに金額と配送先住所も表示されるのです。しかも、ただ自分に関する個人情報だけでなく、たとえば両親や姉妹のために購入して、彼らの住所に届けるために打ち込んだ情報もまた、その購入ページに残っていたのです。Melanie記者のチキンフィンガーの履歴は、Gmailに領収書を送信させたことから追加されていたのでした。

履歴の削除は超面倒

こうした履歴は削除できますが、一挙にまとめてではなくひとつずつクリックしてから「購入を削除」することになります。自分のアカウントで試したところ、まず「この購入を削除するには、メールを削除してください」と別窓が開き、そこにある「メールを表示」をクリックすると、今度はGmailがまた別窓で開き、該当するメールを消して尚、購入ページをリロードしないと表示が消えないという面倒な仕様になっていました。

Googleは、米Gizmodoに対して彼らが購入履歴の追跡をオプションで切ることは可能であるものの、それは別の設定ページにあると答えてくれました。こんな面倒な行程は、あたかも企業が「そんな簡単に集めたデータを消させるものか」と激しく抵抗しているようにしか思えませんよね。

Googleの言い分

今回の件について、米Gizmodoに対しGoogleの担当者はこんな回答をしました。ちょっと上から目線で…。

「私たちはユーザーが購入や予約や購読を一箇所で簡単に確認・追跡ができるように、お客様だけしか見られない個人的なページを作りました。そうした情報はいつでも削除することが出来ます」

「私たちはGmailのメッセージから得た、いかなる情報も広告を表示するために使用しません。それは購入ページに表示される電子領収書と確認の連絡も含みます。我々は常に、人々が自身のデータを理解、管理できるようお手伝いしているのです」

Googleはアカウントのヘルプページにて、あなただけしか購入ページを閲覧できないと書いています。ですがデータを大量に収集するという点で、この巨大テック企業の手の届く範囲が、どれほど広くて深いのかを物語っているようです。それは単純にGoogle関連での活動履歴に限ったことではなく、Gmailにお知らせを送るだけのような接点を持つ、ほとんどのサービスにも手が届いているのです。それはたとえ現実世界で買い物をしたとしても、領収書をGmailに送らせるようにしたら、上記のような個人情報がリストに追加されるってことなのです。


しかし購入ページの存在がどれほど認知されていて、どれだけの人たちが見ているのか? 全Gmailユーザー数の閲覧比率を%で知りたいものですね。

Source: CNBC, Googleアカウント, Google Account Help
Reference: Google Play

    あわせて読みたい

    powered by