大麻を使用していると鎮痛剤が効くのに2倍の量が必要という報告

大麻を使用していると鎮痛剤が効くのに2倍の量が必要という報告
Image: Ethan Miller (Getty Images)

他のあらゆる麻薬と同じく、大麻には良い作用も悪い作用もあります。

しかし先日発表された最新の研究はその悪い作用の1つとして、麻酔への奇妙な耐薬性があるかもしれないと示唆するものでした。この研究では、米国コロラド州において定期的に大麻を常用する居住者は治療の前に多くて倍量の鎮痛剤を必要としていたことが明らかになったのです。

研究者たちは、喉などからカメラを入れる内視鏡検査を経験したコロラド州内の患者250人の医療記録を調べました。同州で嗜好品としての大麻が合法化された2012年以降の患者を調べたのです。2014年まで店舗では合法的に販売されていませんでしたが、2012年以降、患者たちは医者に大麻の使用について気楽に話すようになっていました。

大麻を毎日あるいは毎週使う人は一切使ったことのない人と比べて、人を鎮静状態にするために使われる様々なレベルの薬に対して著しく鈍感だったことが分かりました。彼らは処置(内視鏡は一般的に軽い鎮静で行なわれますが、重い鎮静を選ぶ人もいます)に要する適切な鎮静状態に達するのに、平均してフェンタニール(オピオイド)は14%多く、ミダゾラム(ベンゾジアゼピン)は20%多く、そしてプロポフォール(軽い鎮静にも使うことができる一般的な麻酔薬)は220%多く必要としたのです。

この発見はThe Journal of the American Osteopathic Associationに掲載されました。

多量の鎮静剤と大麻は危険な組み合わせ

論文の主著者で整骨療法の内科医師であるMark Twardowski氏が言うには、大麻を使用する患者が鎮静状態になるには追加の鎮痛剤を必要とする事例証拠があるとか。とはいえ、この明らかに小規模(合計してたった25名の大麻使用者が調べられただけ)な研究は、問題の大きさの数量化を試みた初めての研究のようです。それに、より多くの服用量がいるということはドラッグの種類によっては副作用の可能性が高まり得るので患者にとっては間違いなく危険です。

Twardowski氏はプレスリリースで、「鎮痛剤の中には用量依存的な副作用があるものがあり、服用量が多ければ問題が起きる可能性が高くなる」と語っています。「良く知られた副作用として呼吸抑制がある中で、これは特に危険になる」とのこと。

大麻がどうやって鎮痛剤への耐薬性の上昇を引き起こしているかはまだ分かっていません。大麻や大麻由来のドラッグはエンドカンナビノイドシステムと呼ばれる神経系のシステム内の受容体ネットワークと主に相互作用します。このシステムは空腹感や痛覚といったあらゆる身体機能に関わっています。しかし同じように、オピオイドとベンゾジアゼピンを含む他の薬物もこれら受容体と相互作用するのです。それに大麻がこういった副作用を引き起こし得る他の経路だってあるかもしれないのです。

他の研究と同じく、この研究は大麻の身体への影響についてまだ多くが謎のままだということを明示しています。それは主に、大麻を医療的に応用できない麻薬として分類し続けて、研究を妨げ遅らせている連邦法のせいです。しかし、大麻と大麻由来製品には良い作用がある反面、そのような認識不足のおかげで私たちは大麻使用の楽観的でない結果を目にせずに済んでいるのも事実。

Twardowski氏のチームは大麻と鎮痛剤への耐薬性の関係、そして医療処置後の痛みの対処に大麻がどう影響を与えうるのかを研究し続けたいとのこと。

Source: The Journal of the American Osteopathic Association, AAAS

あわせて読みたい

powered by