全コア5Ghz駆動のヤバすぎなCore i9-9900KS、Intelが発表 #Computex 2019

  • 21,464

  • author 塚本直樹
全コア5Ghz駆動のヤバすぎなCore i9-9900KS、Intelが発表 #Computex 2019
Image: Intel

ここまで到達しましたか…。

昔は遠かった5GHz駆動が、とうとうフルに堪能できる時代になりました。Intel(インテル)は特別エディションとなるCPU「Core i9-9900KS」を発表したのですが、こちらはなんと全コア5GHz駆動が可能な恐るべきチップなのです。

8コア/16スレッドを備えたCore i9-9900KSは、「Core i9-9900K」からベースクロックを4.0GHzに向上させています。そしてブースト時には、8コア全てが5GHzにて駆動されるのです。こんな性能、一体どこで使い切れるのでしょう!?

なおCore i9-9900KSには内蔵グラフィックス「UHD 630」が搭載され、DDR4 2666メモリに対応しています。台北で開催されている、COMPUTEX TAIPEI 2019の会場では、通常のエアクーラーにギガバイト製のマザーボード「Aorus Pro」を組み合わせるなど、一般的なシステムで動作していました。つまり、(お金さえあれば)自宅のPCでもこの性能が堪能できるのです。

現時点ではCore i9-9900KSのTDPは発表されておらず、価格も不明です。なおCore i9-9900KやCore i9-9900KFのTDPは95Wで国内価格が6万円ちょいなので、間違いなくそれらを上回ることでしょう。発売日は今年の第4四半期とアナウンスされています。CPUの詳細な仕様はComputexのイベント中に明かされるそうですよ。


Source: TechSpot , AnandTech

    あわせて読みたい

    powered by