世界の人口は多すぎなの? 専門家に聞いてみた

  • 13,636

世界の人口は多すぎなの? 専門家に聞いてみた

機内で優雅に雑誌をめくりながら、貧しい国の子だくさんの家族の写真を見て、「うわ、人口爆発で世界が終わるってのに何やってんのよ!」と焦ってるみなさま。もしかしたらそれは大いなる勘違いなのかもしれません…よ?

人口爆発で集団飢饉になって人類が滅びるという終末論は本当なのか、環境、経済、人口問題の専門家に聞いてみました。

人口爆発で環境破壊が進むという終末論は本当なのか、環境、経済、人口問題の専門家に聞いてみました。

Jesse H. Ausubel(ジェシー・オースベル)さんの意見

ロックフェラー大学人間環境学部長

1920年代、人口統計学の権威レイモンド・パールは世界20億人が人口の限界だと言った。それが今や約77億人。地球オブザーバーの多くは意識改革を迫られている。資源はゴムのようなものであり、未来を閉ざす最大の脅威は、科学の否定である。ここ来てしまったのだ。もう77億人で後戻りはできない。科学をやめたらゴムがぱちんと弾けて元の木阿弥だろう。

Matthew J. Connellyさんの意見

コロンビア大学歴史学教授/Hertog国際戦略イニシアチブ・ディレクター

人口が過剰かどうかと聞かれると、僕はいつも、「いま誰のこと思い浮かべてる? 生まれてこなければよかった人間なんて、いると思うの? それも何百万人という単位で」と聞き返したい衝動に駆られる。人の数を問題にしても、なんの解決にもならないからだ。

食料不足、CO2排出過多が問題なら、食べ過ぎている人は誰で、本当に食料が不足しているのかを考えなければならない。地球温暖化が問題なら、熱の出元をまず考える。

人口論を記したトマス・マルサスの時代から人はずっと人口過多=食料危機の構図で物事を捉えてきた。 その点、今は飽食の時代だから食糧不足の心配はない。平均カロリー摂取量は長年ずっと増加を続けている。これで食料不足が起きるとするなら、昔ほど体も動かさない座りっぱなしの生活なのになぜこんなに食べ過ぎてしまうのかという点をむしろ問題にしないと。

CO2排出量に関しては、最大の出元がどこかが問題であって、これについてはOxfamが約4年前に、世界の金持ちの1%が底辺50%の推定30倍を排出していると発表している。

Betsy Hartmann(ベッツィ・ハートマン)さんの意見

ハンプシャー大学人口開発課程名誉教授/「人口抑制の国際政治学(Reproductive Rights and Wrongs: The Global Politics of Population Control)」など著書多数

人口は昔から増え過ぎだと言われてきた。かのマルサスが人口過剰を「問題」だと書いた1700年代末期、世界人口はせいぜい10億人だった。今なお人は、人口爆発の恐怖にさらされている。みな「人口爆発は環境破壊、資源枯渇をもたらし、環境、経済、社会をつぶす」という漠然とした恐怖を抱えているのだ。

ただ、このシナリオには問題点も多い。人はみな平等に生きているわけではないのだから、環境を破壊している人間が誰で、原因が何なのかを、きちんと分けて考えなければならないのにそれさえもできていない。土を耕して生きる貧しい農民と石油会社の重役とでは地球負荷に天と地ほどの開きがある。なのに過剰人口を語るときには十把ひとからげで人類だ。技術も同じだ。進歩とサスティナブルな実用がもたらす環境保全・改善の面はあまり語られず、全部ネガティブな文脈で語られる。誰が得して誰が損するかという政治社会的な考察もないまま安易な終末論で一括りにされる傾向は米国で特に根強い。これだけ広大な国土と資源に恵まれた米国が、ほかのどの国よりも人口爆発の恐怖に怯えているのは皮肉と言わざるをえない。

20世紀から今世紀初頭にかけて確かに人口は爆発的に増えた。だが成長率は減速しており、世界の世帯あたりの子どもの数は今や平均2.5人である。出生率が依然として高い国もサハラ以南アフリカを中心に一部あるが、これは保健、貧困撲滅、教育、女性の人権などに割けるリソース不足が主因。残りの地域は人口減少に悩んでおり、米国でも女性が生む子どもの数は平均2人未満となっている。

世界人口は現在76億人。2100年には推定112億人という予測もあるので心配するのも無理はないが、出産世代が老齢化するにつれ人口爆発は収まり、将来的には減少に転じる可能性もあるという点を見落としてはならない。つまり重要なことは、当座の人口過多をどう乗り切るか、なのである。世界人口の大多数は都市部に住んでいるので、都市の緑化と移住が生存の必須条件となる。

人口過剰で異常気象が起こっているとする説は、温室効果ガスを出している巨大勢力から耳目を逸らす便利な言い方だ。極右、外国人排斥運動はちかごろ何かというと人口が多すぎるという。ニュージーランド銃撃犯もマニフェストの冒頭で人口粛清を犯行動機に挙げた。白人の出生率が激減し、このままでは移民に乗っ取られてしまうという、欧米極右のロジックに、人口過多が利用されているのだ。だから人口過多を語るときにはそれが悪用されないように見張る慎重さが要求される。

1990年代から2000年代初頭までアメリカでは移民排斥派が「移民が増え過ぎると環境が悪くなるから排斥すべきだ」と言ってリベラルの環境保護派を味方につけようとし、シエラクラブまで乗っ取られかけた(幸い失敗に終わったが)。

人口過多が避妊、民間基金、国際支援団体の国際家族計画予算の確保に利用されるのも憂慮すべき傾向だ。人口抑制をすれば、あたかも気象変動や貧困といった大問題が解決するかのように語られているが、それは女性の主権に委ねるべき問題ではないかと思う。

今ほど富の集中が進んでいる時代はない。世界の成人を金持ちから並べると、底辺50%が手にする富は世界の富の1%にも満たず、上位10%が富の90%近くを手にし、上位1%で富の50%を占めている。これは想像を絶する数だ。世界の問題を語るときにはここを出発点とすべきであって、貧困にあえぐ子だくさんの底辺の人を標的にするのは筋違いというものだ。

Warren Sandersonさんの意見

NY州立大ストーニーブルック校経済学名誉教授

人間が多すぎるかどうかより、問題は「CO2排出量が多すぎるかどうか」ですよね。その答えはYES。もうひとつの問題は「地下水くみ上げが臨界に達するのではないか」。これらの答えもYES。地球に持続可能なバランスを取り戻すことがゴールであって、その点を見誤ってはなりません。

子どもを2人に抑制すればCO2排出量が減るのかというと、答えはNO。アフリカの教育にもっと予算を割けば、出生率は確かに減りますけど、教育水準の高い人はリッチに暮らすので公害は増します。だから地球に持続可能なバランスを取り戻すためには、原因を元から断つ切実な姿勢が重要です。人口抑制でバランスを取り戻そうとするのは危うい責任転嫁と言えるでしょう。

Kimberly Nicholsさんの意見

ルンド大学サスティナブル研究准教授/サスティナブル研究センター・ディレクター

IPCCの最新研究では、気象変動の最悪の結果を回避するためには、今の公害レベルを10年で半減させなければならない、とあります。そのためには排出削減が急務であり、一番必要なのは石油燃料を燃やすのをやめ、家畜を減らすことです。

現在、収入と汚染レベルの間には因果関係があり、環境汚染の原因を作っている人はほんの一握りなのです。世界人口の約半分は1日3ドル(329円)未満で暮らしており、汚染量もごくわずか(世界全汚染の15%)。世界の所得上位10%は1日23ドル(2519円)以上で暮らしており、全世界のCO2排出量の36%を占めます。

排出最大の層が排出を減らすことが環境を変える最短ルートです。うちの研究でも肉、車、飛行機、この3つをカットするのが一番の早道という結果が出ていますし、これは体にもいいし渋滞改善にもなります。完全にカットするのは無理でも、肉、車、飛行機を今の半分に減らすだけでだいぶ環境はよくなります。特に飛行機はとんでもなく排出するので、1便でも減らせれば効果はテキメンです。数字で比べると…

・1年間肉を食べない=リサイクル4年分のエコ効果

・NY-ロンドンの飛行機の往復をやめる=2年間肉を食べない=車を8か月運転しない分のエコ効果となります。

Raywat Deonandanさんの意見

オタワ大学医療科学准教授




1970年代の人口爆発論が本当なら、われわれは今ごろ飢え死にしてなきゃおかしいんですが、地球でもっとも貧しい地域でさえ今は1日2000カロリーの推奨値を上回る食料が確保できています。これはひとえに農業技術の進歩のおかげです。進歩しすぎて国連食糧農業機関(FAO)によると、年間13億トンの食料(全体の3分の1)が廃棄されているようですが、大体は保存と輸送の不備が原因。それを改善すれば、食料供給の伸び代はまだまだあります。

人口爆発が進めば飢饉になるという予測もNOで、「人口転換(Demographic Transition)」というものがありまして、社会がリッチになればなるほど子どもは減る、といわれているんですね。今ほど貧困が減ってる時代もないので、このままリッチになっていけば人口は減少に転じるものと予測されます。具体的な見積もりには開きがありますが、2070年に90億~110億人で頭打ちとなって人口増加が人口減少に転じるとみる予測が多数派です。

世界の人口密度は現在平方Kmあたり13人。陸だけ見れば48人。アメリカの中流家庭の暮らしでは世界人口は20億人までしか住めません。欧州レベルで30億人。

「その前に人口過多になってしまうんじゃ…」というのは、その時になってみないとわかりません。人の数が問題なのではなく、人が消費する量が問題なので。人はリッチになると、肉みたいな環境にアウトなものを食べたがる生き物ですからね。いくら人が減っても、1人あたりの環境負荷が高くなれば環境には悪いんです。

だから人口過多を語るときには、「今ある人口を支えるだけの資源が残っているのか」と見るより、「今ある人口が環境を食いつぶしているのではないか」と見ることが大事。低所得国の貧しい人が排出するCO2は1人年間1トン。高所得国の金持ちはその30倍排出します。

貧しい国がいくら子だくさんでも、リッチな国の破壊力には到底およびません。リッチな国で優雅に暮らしている人たちが無駄をほんの少し切り詰めてくれたほうが、はるかに多くの食い扶持減らし効果が得られるのであります。環境破壊が心配なら、貧しい国の子だくさんな家族を嘆くより、先進国の人びとに無駄遣いをやめるよう説得するほうが先かも。

そんなわけで首記の問いに戻ると、答えはNOです。世界人口が多すぎるとは思いません。(1)環境に悪い消費行動がみられるのは少子化が進んだ国の豊かな層であって、世界の圧倒的大多数の人は消費過多ではないし、(2)その人口増加が環境に与える影響も最小限であり、(3)食糧危機も起こっていないし、(4)世界の人口増加率は減速し、今世紀中には人口が減少に転じる見通しもありますからね。

    あわせて読みたい

    powered by