ルーデンスが腕時計に! コジマプロダクションとワイアードがコラボ

  • 10,518

  • author 岡本玄介
ルーデンスが腕時計に! コジマプロダクションとワイアードがコラボ
Image: PR TIMES

こ、これは予約しなくては!!

時計のセイコーが2000年より展開しているブランド「ワイアード」が、ゲームメタルギアソリッドシリーズやデス・ストランディングの小島秀夫監督率いるコジマプロダクションとコラボレーションを果たしました。

デザインの要となるのは、コジプロのキャラクター「ルーデンス」。監督とお付き合いの長い、アートディレクター新川洋司さんがデザインと監修を行ない、ルーデンスの「未踏の地へ遊びを届ける」というコンセプトをギュッと詰め込んでいます。

tgs2018_kojimapro_shop
Photo: ギズモード・ジャパン
ルーデンスのフィギュア

時計のアチコチに「ルーデンス」の要素が

PR TIMESによると、時計の細部には「ルーデンス」が持つ要素を散りばめられています。たとえば以下のような点が挙げられます。

・ストップウオッチ機能のあるサブダイヤル部分は、「ルーデンス」のスーツに埋め込まれたディスクを、ケースの表面はヘルメットのディテールをイメージしています

・ダイヤルの5時から8時位置にかけての仕上げは「ルーデンス」のカーボンフェイスマスクを彷彿とさせる加工を施しています

・時分針の形はスピアがモチーフになっています

文字や数字はコジプロのロゴと同じフォントが採用され、ストラップにはスローガンである「FROM SAPIENS TO LUDENS(「人類」から「遊ぶ人」へ)」の文字が印刷されています。

新川さんのメッセージカード付き

時計には新川さんが描いたスケッチとメッセージが書かれたカードも付属。限定1,500本でお値段は3万円(税抜)、発売は6月8日の予定です。

190509_wired2
Image: PR TIMES

ちなみにですが、ブランド名「WIRED」は“繋がる”という意味を持っています。これは『デス・ストランディング』で、プレイヤー同士が「なわ」的な要素で繋がるというコンセプトとピッタリ合致しますね。

小島監督もツイートで紹介

また小島監督も、ご自身のTwitterにて白と黒の時計を紹介されています。これまで「ルーデンス」や『デス・ストランディング』のグッズはいろいろ作られてきましたが、ファンなら絶対に入手したいですね。



Source: PR TIMES, Twitter

    あわせて読みたい

    powered by