レンタル電動スクーターがハッキング。音声ガイドが下品になる

  • 11,478

レンタル電動スクーターがハッキング。音声ガイドが下品になる
Image: Getty Images

最近はイタズラもハイテクです。

海外の観光地などでじわじわ見られるようになった、レンタル電動スクーター。アプリひとつでレンタルできて、タクシーより小回りが効くので人気が出るのもわかります(あれで公道ビュンビュン走るのはこわいけど)。

このスクーター、本体にせよアプリにせよコンピューターで行われています。つまり、ハッカーが狙いをつける対象にもなるわけで...今週、オーストラリアのブリスベンにて、確認されているだけでも最低8台のレンタル電動スクーターがハッキングされていることが確認されました。それらは卑猥な、または攻撃的な音声が流れる仕様に魔改造されてしまったのだそうです。スクーターを提供するLimeは、この件について「ガッカリしています」とコメント。

スクーターのガラが悪くなる

そのうちの一台がYouTubeに投稿されています。

スマートフォンでQRコードを読み取り、起動すると「オーケー、アタシのケツに乗りたいなら、アタシの髪の毛を引っ張ってくださいな、オーケー? ノォォォォ」とコミカルにお喋り。

Video: Taddy Dobbins/YouTube

また別のスクーターは、「アタシを連れ回さないでよ、乗られるのが好きじゃないのよ」なんて話すのもあるそうな。

ブリスベンの7NEWSも、公式Twitterアカウントで別の映像を報じています。8台の音声を続けて再生する様子はまさにカオス。

音声が入り混じって、何を喋っているんだか解読不能となっています。

Limeがハッキングの報せを受ける前に撮られた映像では、利用者が乗り終えたときにも、「ノー、どこにいくんだよー? 」と話す姿があります。

Limeは災難続き

言わずもがな、こんなことされたLimeは喜ぶはずもありません。Limeのクイーンズランド支部に勤める、広報部長ネルソン・サヴァナ氏がbrisbane timesにこうコメントしています。

私たちはブリスベンにある8台のLimeスクーターの、音声ファイルが既存のものから不適切で攻撃的な言葉を発するよう、悪意を持った者によって変更されたことを確認しています。

賢いやり方でもなく、面白くもありません。そしてこれは呼び出し音を変更するのと同じ種類のことです。

Limeは国際的に展開しているものの、たくさんの壁にぶつかっている企業。ここブリスベンでは、まだLimeスクーターはお試しで使われている段階なのだそうです。実は1月には、ブリスベン地区にあったスクーターが走行中に前輪が突然ロックされ、利用者を怪我させるというバグも発生。今はソフトウェアが更新され、その問題は解決されましたが……怪我人のうち数名は、骨折などの重症を負ったのだそうです。

今回のイタズラは音声ファイルで済んでいますが、場合によっては上記のような危険を伴うハッキングを懸念する声もあるようです。

IT系のセキュリティー企業Zimperiumにいる研究者たちは、Bluetoothを使って約92m離れたアプリから、強制的に電動スクーターを加速や減速させるデモンストレーションを行いました。そのときに使われたのはLimeではなく、Xiaomiのスクーターだったのですが、何とも恐ろしいことです。

世界中でイタズラされている電動スクーター

こうしたスクーターは各地で最高速度をさらに伸ばしたり、タダ乗りしようとハッキングが横行しています。また別の人々は、今回のように世界に混沌をもたらすことに興味を持っていたりして、ほかにはたとえばQRコードの上にステッカーを貼ったり、スクーターをブン投げたり地面に叩きつけたり、何台も重ねて燃やしたり砂浜に埋めたりと、特に西海岸で絶大な不人気を誇っていたりします。

それらを踏まえると、オーストラリアのイタズラはまだ可愛気があるんじゃないでしょうかね。こうしたハッキングをされないようにするには、最初からユニークな音声で、人々から好かれるスクーターにしてみてはどうでしょう?

Source: YouTube (1, 2, 3), Twitter (1, 2, 3), streamable, brisbane times (1, 2), ZIMPERIUM, Instagram

あわせて読みたい

powered by