1日最大600便。ガーナで医療品を投下するドローン運用開始

  • 6,411

  • author 岡本玄介
1日最大600便。ガーナで医療品を投下するドローン運用開始
Image: Zipline via IEEE SPECTRUM

史上最大規模の無人機配達ネットワーク、とのこと。

カリフォルニア州に本拠地を置くドローン配達企業zipline(ジップライン)。今彼らがやっている事業は、ルワンダやガーナといったアフリカの発展途上国にて、各地に医療品ドローンで届ける、というもの。

そしてIEEE SPECTRUMでは、彼らがガーナで4カ所作る流通センターの、ひとつ目がオープンしたことを伝えています。このセンターは、最終的に2,000の病院と診療所、そして1,200万人を網羅するための第一歩となるのです。

4カ所の配送センターで1日最大600件

プレスリリースによりますと、ziplineの無人航空機は、148種類のワクチンや血液製剤、そして救急薬品をオンデマンドで24時間/週7日間供給するとあります。彼らはガーナ政府の代わりに輸送を代行する形で運営し、ひとつの流通センターには30機が配備され、1日最大500件を配送できる容量を持っているのだそうです。とはいえ、見通しでは4カ所のセンターで1日最大600件の配送を行うことになるだろうとのことです。

カタパルトで離陸!

では実際に、現地の様子とドローンが飛ぶ姿をご覧ください。車輪を持たないが故の、ダイナミックな離着陸の様子は必見です。

Video: Real Engineering/YouTube

コストが高くても人命には代えられない

ガーナ政府内では、ziplineとの契約金1250万ドル(約12.5億円)および、陸路より高くつく空路の配送に対して異議を唱える一派がいたものの、やはり緊急性を要する、そして輸血など鮮度が高ければ高いほど人命を救える確率が高くなることが優先され、契約が結ばれたのでした。

ドローンのイメージ

ドローンというとついつい監視用とか点検用とか、撮影用というイメージが強いんじゃないでしょうか。はたまた中国では火炎放射ドローンが活躍し、ロシアではショットガン搭載ドローンが開発されており、殺人ドローンによる監視社会を描くディストピア映画なんてものも作られたりします。

ですがziplineの公式サイトでは、彼らのドローンによって救われた命の数が1万3130人(執筆時)という表示もありますし、これからドローンが人命救助ために活躍している、というイメージも根付くといいですね。

Source: YouTube, zipline via IEEE SPECTRUM

    あわせて読みたい

    powered by