ニューヨーク市警のサイバーコップ化が止まらない。VR訓練をテスト中

  • 7,493

  • author 岡本玄介
ニューヨーク市警のサイバーコップ化が止まらない。VR訓練をテスト中
Image: Eyewitness News ABC7NY/YouTube

やってることはVRゲームに近いのけど、真剣さが違います。

映画の世界にはロボコップがいますが、現実ではまだ作られていないのが実情です。ではどうやって犯罪やテロ攻撃の現場に対処するかというと……? やはりまだ人間が活躍するしかないんですよね。

とはいえ科学技術の発達した現代なら、そうした生身の人間を強化する方法はアレコレあるわけで、そのひとつがVRを使った訓練だったりします。

NYPDことニューヨーク市警は、現実では再現が不可能な犯行現場をVR内に再現し、いつ起こるかもしれない犯罪に向けての訓練を実施するべくテストを行っているのだそうです。

EYEWITNESS NEWS abc7が、その様子を伝えています。

EYEWITNESS NEWS abc7によりますと、NYPDがVRを使うのは今回が初めて。ブルックリンのウィリアムズバーグにある最先端の施設にて、数百人の警察関係者が訓練に参加したとあります。

このプログラムは国土安全保障省から資金が提供されており、ルイジアナ州立大学とV-Armedが開発したとのこと。VR内にはいろいろなアバターが用意されており、使われるシナリオは実際の事件に基づいているというのも本格的。 最終的には、このVRプログラムを使って全米で訓練を行いたいのだそうです。

NYPDといえば、以前にもカウントダウン時に警備用ドローンを投入したこともありました。彼らは『ロボコップ』とはまた別の方向にサイバー化して行っているようですね。次は強化外骨格アーマーとかでしょうか?

Source: YouTube via moguraVR, EYEWITNESS NEWS abc7

    あわせて読みたい

    powered by