強盗の通報→警察駆けつける→ルンバでした

  • author Melanie Ehrenkranz - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
強盗の通報→警察駆けつける→ルンバでした
Image: Facebook/Washington County Sheriff’s Office

保安官「応答がないぞ!? 突入するか!?」、侵入者「ヴィィイィィイン」。

とある火曜日の午後、オレゴン州の警察署に911通報(日本の110番)の電話が入りました。ワシントン郡保安官事務所によるFacebookの投稿では、その通報は「誰かがバスルームに閉じ込められているようだ」という内容。

そして警察によりますと、何人かの警官がその電話に応答し、家を包囲。銃を構えて容疑者に向かって出てくるよう呼びかけました。

しかしその容疑者は……ロボット掃除機のルンバだったのです。

投稿では、保安官がこう語ります。

家の中に入ると、バスルームからガサガサという音が聞こえてきました。我々は何度か呼びかけるうちに、その雑音には周期があることがわかってきました。そしてバスルームに突入すると、ルンバが丁寧に掃除をしていたのでした

911に電話をした2人の男性は、誰かが甥っ子の家に侵入したようだ、と報告していました。彼らは留守番のために甥の家に来ており、犬の散歩に出掛けて帰宅したところ、バスルームの異音に気づいた、とThe Washington Postが報じています。

ダニー・ディピエトロ巡査部長は、OREGONLIVEにてこう話しています。

保安官人生13年間で、初めてのルンバによる泥棒事件でしたよ。こんなことは今までありませんでした

Facebookのタイムラインによると、保安官たちが包囲してバスルームに突入するまでに要したのは10分。それは、“容疑者”が返答しなかったからだと綴っています。現場に到着したのは、刑事1名と保安官3名、そしてビーバートン警察署から警察犬を連れた警官2名という布陣でした。

さらにディピエトロ巡査部長は、こう続けます。

100%、彼らは拳銃を取り出し、警察犬を檻から出していました。もし我々が警察だと告げ、呼びかけに応答せず出て来なければ、我々は家の中で何に遭遇するかわかりませんでした。もしかしたら相手は武装して、こちらを攻撃して来るかもしれませんからね

結果、ハウスキーパーたちは、甥っ子がルンバを持っていることを知らなかったのでした。それについて、巡査部長はこう話しています。

彼らはとてもバツが悪そうにしていました。でも保安官たちが彼らに、「我々も侵入者だと信じ切っていたからさ」と慰めたのです。まさか掃除機がドアを蹴っ飛ばしてこんなことをするだなんて知らなかったんですよ。彼らは珍しい状況下に置かれていたのです

Source: Facebook, The Washington Post, OREGONLIVE

    あわせて読みたい

    powered by