Samsung「世界には縦動画が多すぎる…よし、縦型になるTVを作ろう」

  • 13,685

  • author Adam Clark Estes - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
Samsung「世界には縦動画が多すぎる…よし、縦型になるTVを作ろう」
Image: Samsung

作られるべくして作られたテレビです。

人々が携帯電話を手にするようになってから、写真も動画も撮影は縦に持ったまま行なうようになり、横型のディスプレイで視聴せずとも携帯電話、もしくはスマーフォン内で完結してしまう時代になりました。ほかにも身近なSNSの閲覧だって縦型ですし、TikTokなんかも当然縦型です。

そこで韓国にて、Samsung(サムスン)が携帯電話/スマートフォンに寄せて縦型に回転する新型テレビを発表しました。これならミレニアル世代が、Snapchatなど縦型のインタフェイスを持つサービスを大きく見られるようになるのです。良いアイディアですよね。

190501_samsung2
Image: Samsung

この「Sero」はスタンド付きの43インチQLEDディスプレイで、縦型のときに近距離無線通信規格のNFCを通して、携帯端末の画面を配信することができます。

Samsungのプレスリリースでは、ミレニアル世代にInstagramのストーリーなどを、この画面に映して見て欲しい、と書いています。

また「Sero」は「Galaxy」スマートフォンに搭載されているBixby機能のサポートと、内蔵マイク、4.1チャンネル60Wスピーカーも搭載されているので、ツイートを聞くことだって出来ちゃうのです。

サムスン電子のビデオ・ディスプレイ・ビジネスで社長を勤めるJang Hee Han氏が、The Korea Heraldに対してこう語っています。

Samsungは、個々の消費動向を尊重したスクリーンを紹介し続けていきます

「Sero」は韓国にて、5月末におよそ182万円で発売される予定となっています。かなり強気のお値段ですが、ミレニアル世代は買うでしょうか?

Samsung, engadget, The Korea Herald

    あわせて読みたい

    powered by