環境問題の救世主となるか。完全にリサイクル可能な新プラスチックが誕生

  • 10,764

  • author Yessenia Funes - Gizmodo US
  • [原文]
  • 湯木進悟
環境問題の救世主となるか。完全にリサイクル可能な新プラスチックが誕生
Photo: Getty

プラゴミ廃棄不要に!

いまやプラスチック製品は、地球環境の敵として、さまざまなシーンで排除されようとしています。有名なところでは、プラスチックのゴミ袋ではなく、エコバッグの利用が奨励されていますし、カフェでプラスチックのストローではなく紙製に切り替える動きなども活発になってきていますよね。でも、もしプラスチックそのものが環境に優しく、100%リサイクルできる新素材へと生まれ変わったならば、いかがでしょう?

このほど米国エネルギー省のLawrence Berkeley National Laboratory(Berkeley Lab)において、分子レベルに分解し、再び質を落とすことなく新たな製品に作り替えられる、プラスチックの新素材PDK(polydiketoenamine)が誕生したことが、明らかにされました。

いわゆる現行のプラスチックのポリエチレン(ポリマー)は、原料のエチレン(モノマー)を、化学物質で接合してできあがった高分子化合物です。しかしながら、この構造ゆえにプラスチックを再び分解するのは容易ではなく、たとえ分解してから新たな製品へ接合し直せたとしても、大幅に強度が劣ってしまう問題を抱えています。

でも、PDKであれば、特定の酸性の物質を加えるだけで、きれいに分子レベルまで分解され、また一から十分な強度を備えたプラスチック製品を簡単に作り上げられるんだとか。

リサイクル可能なプラスチックのために、素材および再生工場の設計について、真剣に考慮すべき画期的な時代が到来した。

今回の発表にあたって、Berkeley LabのMolecular Foundryで研究を進めるBrett Helms氏は、このように興奮気味に語っています。現時点では、まだPDKは研究所内でのみ生成可能な素材で、より環境に優しい、植物を用いた生成物となるように、さらなる研究が重ねられているそうです。

もし実際に世に出回るようになれば、回収すると、どんな新製品にでも作り変えられる、真にエコフレンドリーなプラスチックとして、地球環境を根底から変える大発明となることでしょう。


Source: Berkeley Lab

    あわせて読みたい

    powered by