『スター・ウォーズ』のゲームが映画に? 『ナイツ・オブ・ジ・オールド・リパブリック』の映画化計画が進行中との噂

  • author 傭兵ペンギン
『スター・ウォーズ』のゲームが映画に? 『ナイツ・オブ・ジ・オールド・リパブリック』の映画化計画が進行中との噂
Image: Markus Wissmann / Shutterstock.com

事実であってほしい。

新たな三部作が作られることも発表になったばかりの『スター・ウォーズ』。先日、RPG『スター・ウォーズ:ナイツ・オブ・ジ・オールド・リパブリック(Star Wars: Knights of the Old Republic)』の実写化されるかもしれないというお話を紹介しましたが、どうやらその計画が実際に進行中であるという噂が出始めました。

その報道をしたBuzzfeedによると、『ナイツ・オブ・ジ・オールド・リパブリック』をベースにした三部作の脚本の初稿が完成しそうであると、プロジェクトに近い関係にある3つの情報元が語っているのだとか。

舞台は映画『スター・ウォーズ』シリーズの約4000年前

『スター・ウォーズ:ナイツ・オブ・ジ・オールド・リパブリック』は、映画『スター・ウォーズ』シリーズから遡ること約4000年前の旧共和国時代を舞台にしたRPGで、2003年に発売されて以来、スター・ウォーズのコアなファンの間で絶大な人気を誇っています。あまりの人気っぷりで、凄まじい気合の入ったファンメイドリメイクが作られたほど。

脚本を担当すると言われているのは、近年ではNetflixのSFドラマ『オルタード・カーボン』や映画『アリータ』を手がけたレータ・カログリディス。それ以外の情報はなく、ディズニーやルーカスフィルムなどからは一切正式なコメントは出ていないので、あくまで噂。他の映画系メディアが同時に報じたりしていないあたり、信憑性もあまり高くない気がします。

しかしそれはそれとして、夢は広がりますね。旧共和国時代はまだジェダイやシスが山程いた時代なので、ライトセーバーを使った大規模な戦いも見られるし、一味違う『スター・ウォーズ』が楽しめる世界観になっています。またディズニーによる買収に伴う設定リセット以降であまり掘り下げられていない時代でもあるので、非常に興味深いところ。

ネタには困らないはず

Screenshot_2018-05-03_07_07_20_105447
Image: 傭兵ペンギン
Old Republicでの筆者の自キャラの1つ

映画は三部作とのことですが、『ナイツ・オブ・ジ・オールド・リパブリック』自体は2作しか出ていないシリーズ。しかし、同じ旧共和国を舞台にしたオンラインゲーム『スター・ウォーズ:ジ・オールド・リパブリック(Star Wars: The Old Republic)』もMMOながら凄まじい量のストーリーが用意されているので、ネタには困らないはず。

ぜひこれが噂に終わらないことを祈ります。ちなみに、『ナイツ・オブ・ジ・オールド・リパブリック』はSteamなどでPC/Mac向けが販売中の他、iOS/Android版も発売中。『スター・ウォーズ』ファンの方は、ちょっと古いゲームではありますが、ぜひこの機会にお楽しみください!

Source: Buzzfeed via Geekryrant

映画化してほしい? ほしい?

  • 0
  • 0
スター・ウォーズ|STAR WARS|

    あわせて読みたい

    powered by