人類をうるおす海水淡水化。その不都合な真実

  • 20,560

  • author Yessenia Funes - Gizmodo EARTHER
  • [原文]
  • そうこ
人類をうるおす海水淡水化。その不都合な真実
Photo: Peter Macdiarmid/Getty Images


※この記事は2019年1月23日に公開された記事の再掲載です。

うるおいの犠牲とは。中東やアフリカなど、常に水不足に苦しんでいる地域があります。生活に必要な水をどこから得るか、目を向けたのはどこまでも広がる海。世界177国に設置された海水淡水化プラントが、海水を生活用水に変える手助けをしています。よかったよかった。…いえ、いいことだけじゃありません。海水淡水化は、実は海洋生物にとって、ひいては食物連鎖に影響する脅威を秘めているのです。

しょっぱい成果

国際連合大学の水・環境・保健研究所が、Science of the Total Environmentに公開した論文によれば、海水淡水化プラントが、その過程で吐き出す濃度の濃い塩水の量は、1年間でフロリダ州を覆ってしまうほどなのだといいます。1リットルの淡水を作るために、吐き出される塩水は1.5リットル。成果物よりも無駄の方が多いというのが論文がまとめた現状です。世界中にある1万5906台のプラントが1日に吐き出す塩水は1420億リットル! うち半分は中東(サウジアラビア、クウェート、カタール、アラブ首長国連邦)にプラントが集中しています。

悪ではないけど、改善は必要

論文執筆チームは、なにも海水淡水化プラントは悪だと言いたいわけではなく、現状を知るべきだと訴えています。ため池や海に破棄される高濃度の塩水(+銅や塩素の薬品含む)は、海洋生物にとっては脅威。論文の執筆者の1人Edward Jones氏はこう語っています。「塩水は水中の酸素を枯渇させます。高塩度、低酸素レベルは底生生物に深く作用し、結果、食物連鎖に影響がでることになるのです」高濃度の塩水をただ破棄するのではなく、リサイクルできれば問題は解決に向かいます。塩水でも平気な農作物に使うとか、水力発電に使うとか、ここからミネラルを摘出するとか? いずれにしても、海水淡水化プラントの需要が高い国々が、舵をとってリサイクル方法を模索する必要があるでしょう。海水淡水化の技術コストが下がれば下がるほど、水不足に悩むより多くの国が使用する可能性があるわけで。そうなる前に、吐き出される塩水の対応策を考えなければならないのです。


Source: EurekAlert

    あわせて読みたい

    powered by