わたしがiPhone XSにアップグレードして後悔した理由

  • 12,959

わたしがiPhone XSにアップグレードして後悔した理由

※この記事は2019年3月27日に公開された記事の再掲載です。

最も強靭なガラス」「Appleケア」「アップグレードプログラム」の罠。

iPhone XSがリリースされたとき、iPhone Xで十分良かったのについ欲しくなってしまったという米GizmodoのAdam Clark Estes記者。ところが、実際に使っていたらある問題に直面したようです。彼がiPhone XSにアップグレードして後悔した理由とは何だったのでしょうか...?


以前、iPhone Xの画面が割れやすい件について書いたことがありました。買って2カ月にして、傷がついてしまったのです。そして今回、「最も強靭なガラス」として登場したiPhone XSに乗り換えたのですが...。かつてないほど傷がつきやすくなっている気がしています。

以前、レビューをした時点でわかっていたことでもあるのですが、iPhone XSを3カ月以上使ってみて、やっぱりアップグレードする必要はなかったと思いました。その経緯について書かせてください。

乗り換えるきっかけのひとつは、Appleアップグレードプログラムでした。ざっくり言うと24カ月分の分割払いローン(利子なし)で、1年後には新型iPhoneに乗り換えられるというもの。Appleケアも自動で付加されています。わたしは2016年に加入しました。

iPhone XSがリリースされたとき、iPhone Xをそのまま使い続けて今後12カ月分のローンを支払い続けるか、あるいはiPhone XSに乗り換えて新しいローンの支払いをするかという選択肢がありました。

もともとiPhone Xの背面ガラスが割れていた(保護フィルムはつけない派ですが、注意して扱っていたにも関わらず...)ので、iPhone XSへの乗り換えを検討しました。Appleいわく、iPhone XSはプロセッサ、カメラ、アンテナのほかにガラスの耐久性も優れているというので、それならばと思ったのです。

ちなみに、アップグレードは無料じゃありません。わたしの場合、キャリアへのアップグレード手数料、売上税、Appleケアで補償されなかった画面のヒビ(100ドル)結果的に数万円の出費となりました。

それで、iPhone XSを手にしたは良いのですが......強靭なはずのグラスに傷がついちゃったんです。もちろん、保護ケースやフィルムを使っていればそんなことは簡単に防げるのはわかっています。それでも、1カ月以上は新品の最新デバイスを何もつけずに楽しめることを期待していました...。

190319iPhoneXSregret2
Photo: Adam Clark Estes (Gizmodo)

ここはAppleケアでどうにか!と思ったのですが、ダメでした

ジーニアスバーやアップルサポートのスタッフと何度も話してみたのですが、グラスの傷は「外観上のダメージ」であるため保証範囲ではないと言われました。親切なスタッフがこっそりと教えてくれたのは、もし画面の"内部"でひび割れが起きた場合には30ドルで画面全体の交換ができるとのこと。傷などすべて直して元の状態のディスプレイに戻したい場合は、280ドルかかるといいます。

画面の傷を直す方法は、ガラスを取り替えるしかないようです。Appleストアの裏に、ちょちょいとガラスの傷を取り除いてくれる魔法のようなマシンとかあったら良いのに...。

190319iPhoneXSregret3
Photo: Adam Clark Estes (Gizmodo)

傷がついてしまった以上、転売するにも価格が落ちるだろうと悲観的になってしまいます。画面の傷を増やさないためにはケースを使うしかありません。裸の状態のスマホが好きだったのに、ケースを使うことになるとは。

いろいろ試してみて、できるだけ存在感が薄いケースを使うことにしました。画面の端を囲うようにケースがはみ出してくるのが、スワイプしたときとかにどうしても気になります。が、保護フィルムもつけてみると、傷のついたiPhone XSがまた新しく生まれ変わったように見えてきました。

iPhone XSには、iPhone Xよりも優れたプロセッサが搭載されている(といっても、さほどパワーが必要な作業はしていないのでフル活用できていない気がする)ことや、カメラも若干改良されている(犬の写真を撮ってみたけれどあまりXと違いがわからない)こと、それに顔認証もほんの少しはやくなった気がします。ただ依然として、iPhone Xと比べてガラスが強靭になったとは思えないのです。

今回のアップグレードを振り返ってみると、やはり後悔は避けられなかったと思っています。新しいiPhoneなんていらなかったというか、iPhone Xで十分でした。iPhone 7 からiPhone Xに乗り換えたときとは違って、iPhone XSを手にしたときすごく有意義な変化があったかというとそうではなかったと思います。

でも、この後悔の念はもちろん一生モノじゃありません。節約することのできたはずのお金をちょっと無駄遣いしてしまったに過ぎないのかもしれません。でもこうやって記事に書き残すことで、アップグレードを検討しているiPhone Xユーザーの誰かに届けばいいなと思います。

半年後、Appleからまた新しいiPhoneモデルが発表されることになっています。そしてその1年後にはまた最新モデルが登場して...と続くわけですが。わたしは個人的にスマホを5年使い続けるぞキャンペーンをやっているので、まだまだこの傷を負ったiPhone XSと仲良くやっていこうと思います。

    あわせて読みたい

    powered by