一生遊べちゃう...Xboxのクラウドゲームには「Xbox One」タイトルがぜんぶ移植される

  • 6,475

  • author 岡本玄介
一生遊べちゃう...Xboxのクラウドゲームには「Xbox One」タイトルがぜんぶ移植される
Image: Xbox Wire

すでに1,900本以上が移植決定。

Googleからゲーム配信サービス「Stadia」が発表されたことで、既存の競合サービスもますます熾烈な争いを強いられるようになったクラウド・ゲーミングの世界。

すでに展開されているNvidiaの「GeForce Now」や、欧米でのみ利用できる「Shadow」、それに「PlayStation Now」もあり...MicrosoftからはXboxをもとにした「Project xCloud」が登場しました。

Video: Microsoft/YouTube

PCやスマートフォン、それにタブレット端末でも、クラウドから配信されたゲームをプレイできるようになります。

一生遊べるだけのゲームが待っている

Xbox Wireでは、あれから開発者向けのアップデートが記されており、「Project xCloud」には「Xbox One」の全タイトル1,900本以上が移植されることを発表しています。さらに技術的には、初代XboxやXbox 360といった過去世代に作られた3,500本以上のゲームも、変更や修正ないままに移植することが可能とのこと。詳細は未定なものの、かつてのウワサでは、月10ドル(約1,100円)のXbox Game Passと「何らかの合理的な形で共存」して利用できるらしいので、そんな値段で合計5,400以上のゲームが遊び放題になったら...人々がどうなるのか想像するだけでも恐ろしいですね。

ほかにも、クラウドは世界に散らばる13箇所のAzureデータセンターを使い、現在はMicrosoftの社員向けに公開したアルファ版で、まず彼らの意見を聞いてからシステムを改善していっている最中なのだそうです。

やはりドライブレス機はこのため?

Microsoftは、最近たったの2万6000円ほどで買えるドライブレスの「Xbox One S All-Digital」を発表したばかり。タイミング的にも、これは「Project xCloud」のための布石だったのかなという感じです。スマホやタブレットで遊ぶのも良いですが、膨大な数のゲームを自宅の大画面で心ゆくまで堪能するのも至福ですよね。

クラウドからのストリーミングで、ゲームの幅がドカンと広がりますね。中毒にならないか、今から心配です。

訂正[2019/05/29]記事初出時、Xbox One S All Digitalの価格を誤って表記していました。謹んで訂正いたします。

Source: YouTube, Xbox Wire

あわせて読みたい

powered by