バーガーキングがGPSで渋滞中のマイカーを追跡&配達してくれるサービスを開始

  • author 岡本玄介
バーガーキングがGPSで渋滞中のマイカーを追跡&配達してくれるサービスを開始
Image: We Believers/YouTube via hackster.io

クルマ社会のためのUber Eats的な?

メキシコ・シティーの渋滞は世界一激しく、人々は毎日5時間もハマっているのだそうです。当然ながら、空腹感に苛まれる人たちだらけになりますよね。

そこでバーガーキングが、モバイルアプリからワッパー(大型のハンバーガー)を注文し、大渋滞の中をバイク便で配達させるサービス「トラフィック・ジャム・ワッパー」の検証実験を行ないました。

GPSを使って自分の位置を知らせれば車を運転中でも配達を受けられる、というもの。また街中の電光掲示板にはバーガーキングによる渋滞予測時間が表示され、アプリをダウンロードさせる広告を兼ねました。さらにはユーザーネームと共に、注文した人にあと何分で配達されるか、という情報が表示(というか晒される?)されるのも、サービスの一環のようです。

Video: We Believers/YouTube

最速で配達されるための工夫

メキシコ・シティーでは、ほぼ3km置きに店舗があるようなので、移動する発注者にもっとも効率の良い店からバイクが発進するようです。また動画の説明では、アプリはGoogle Mapと連携しつつ、渋滞している箇所のリアルタイム・データを活用し、そこにある電光掲示板に広告や配達のお知らせを表示する、とのこと。発注は音声で行なえるので運転中の危険行為にはならない、というのもミソですね。

凄まじいマーケティング効果

そしてこの検証実験により、配達が63%、ダウンロード率が1日に44倍も増加し、ほかに居並ぶファーストフード系アプリで1番になったのだそうな。次はL.A.、サンパウロ、上海で実験が行なわれるとのことですが、どこも大渋滞のヒドい都市なので、重宝がられることと思います。


クルマ社会ならではの、隙間を突いたこのサービス。決済はアプリ上で済ませていると思うので、配達はただ窓をノックして手渡すだけ。ものの10秒でやり取りは完了って感じですね。

日本でもお盆やGW、それに毎月五・十日(ごとおび)の環状道路などにフォーカスしたら売り上げが爆増するかもしれません。とはいえ道交法的にどうなのかは、確認が必要かと思いますが…。

Source: YouTube via hackster.io

    あわせて読みたい

    powered by