Qi充電器にコーヒーの保温能力がついた「コピマグ」を使ってみた

  • Buy
  • machi-ya
  • author 吉田祥平
Qi充電器にコーヒーの保温能力がついた「コピマグ」を使ってみた
Photo: 吉田 祥平

ライフハッカー[日本版]より転載:

KOPI mug(コピマグ)」はQiテクノロジーを搭載したスマホ用のワイヤレス充電器。置くだけでスマホの充電ができる、高性能充電器です。5Wが通常速度といわれるQi充電器のスタンダードを大きく超える10Wの高速充電が可能

ここまでは優秀なQi充電器なのに、この「KOPI mug」の本当の魅力はそこで終わりません。「KOPI mug」の真の力は、スマホの充電とは全く関係ない、専用のマグカップを上に置いた時に発揮する飲み物の保温能力です。

機能性へのこだわりがとにかく高い「KOPI mug」、machi-yaで行なっているクラウドファンディングも6月27日までと終了まで3日を切りました。どうしてこんなプロダクトになったのか不思議で仕方がありませんが、今回はこの奇想天外な商品が生活を楽にしてくれるのか、実際に使ってみました。

10Wの高速Qi充電が可能

20190625-copimag02
Photo: 吉田 祥平

KOPI mug」はQiテクノロジーを搭載しており、上にスマホを置くだけで、自動で充電が可能。スマホに直接ケーブルを繋ぐ必要がないので、充電のし忘れからも解放されます。

20190625-copimag03
Image: machi-ya

Qi充電は、5Wが通常速度ともいわれる中、「KOPI mug」は、トップクラスの10W高速充電が可能。開発者が、「現在の市場で最高の品質のQi充電器」と語る通り、その性能はお墨付き。

20190625-copimag04
Photo: 吉田 祥平

正直、この高速充電機能だけで充分なんじゃないかと思うほど、高機能のQi充電器として活躍します。

30分経っても全然冷めない、充電器なのに本気すぎる保温能力

20190625-copimag05
Photo: 吉田 祥平

コーヒーを淹れたのなら、すぐ飲めば良いじゃない。充電器だけでいいよ。と思う方もいるかもしれませんが、なぜかついてくる専用のマグと、保温機能について少しお聞きください。

付属してくる陶器のマグカップを使うと、全く冷めない夢のコーヒーカップができあがるとのこと。

実際に普通のマグと、「KOPI mug」2つに別々のコーヒーを入れて、30分間でどれほど温度の変化があるか、実験してみました。

20190625-copimag06
Photo: 吉田 祥平

熱々の84℃のコーヒーをコップに注いで、早速実験スタート。

10分経過した段階で、普通のマグでは50℃まで温度が下がってしまいましたが、「KOPI mug」はなんと73℃。

20分後には普通のマグは44℃まで下がり、ぬるいコーヒーになってしまう中、「KOPI mug」はまだ70℃を維持。30分たっても、結局67℃までしか下がりませんでした。

20190625-copimag07
Photo: 吉田 祥平

Qi充電器でここまでの保温能力が必要なのかと悩みますが、その奇想天外なアンバランスさが「KOPI mug」の魅力。別のライターが行った実験では、45分でアイスコーヒーをホットコーヒーに変えることに成功したというのですから、とにかく驚きです。

付属のドリッパーを使えば、コーヒーも淹れられる

20190625-copimag08
Image: machi-ya

どうして開発者が充電器にコーヒーの保温機能を持たせようとしたのかは、究極の謎ですが、確かにオフィスでQiの高速充電ができて、コーヒーが冷めないカップがあれば、便利なことに間違いはありません。

ドリンクの保温機能と高速充電の他に、「KOPI mug」専用のコーヒードリッパーもあるので、どこでもコーヒーの抽出もできるという、更に謎が謎を呼ぶオプションもあります。どの機能もとにかくこだわりがあるので、ただのジョーク商品で終わらないのが「KOPI mug」の魅力。

20190625-copimag09
Photo: 吉田 祥平

「KOPI mug」のキャンペーンは、終了まで10日を切り、6月27日にはプロジェクトも終わってしまいます。Qi充電器を探しているコーヒー好きのあなた、クラウドファンディングを騒がせるちょっと不思議な充電器、保温カップ、などなど(笑)の「KOPI mug」を使って、生活を少し豊かにしてみませんか?

>>「KOPI mug」のクラウドファンディングページはこちら

Source: machi-ya


    あわせて読みたい

    powered by