「カワイイは作れる」の極致。AIとブロックチェーンで架空アイドルを無限生成できるサービス

  • 12,668

  • author ヤマダユウス型
「カワイイは作れる」の極致。AIとブロックチェーンで架空アイドルを無限生成できるサービス
Image: PR TIMES

己の推しを知らしめよ。

身近なAIの得意技といえば、画像生成。フリー素材やらポケモンやら、WebにはAIによる色んな画像生成サービスがありますが、株式会社ジーンアイドルがオリジナルアイドルを生成できるサービス「A.I.dols Codebase」のベータ版をリリースしました。

よくある画像生成サービスのように見えて、ブロックチェーンやらNFT(NonFungibleToken)やらの、なんだかテクニカルな仕組みを使ってるのが特徴。アイドル画像のAI生成といえばモーフィングで顔ができあがるデータグリッド社が知られ気味ですが、あのデータグリッドとブロックチェーンベンチャーのICOVO AGによる共同プロジェクトなんです。

190611idol_01
Image: PR TIMES

じゃあブロックチェーンで何がどう便利なのか。生成されたアイドルはサーバ上に保存されるのではなく、トークンとしてユーザーが保有あるいは譲渡できます。「A.I.dols Codebase」は、ゆくゆくボディ生成やボイスおよび対話の実装、さらに育成ゲームなどの展開を見据えており、アイドルの生産者=ユーザーが芸能プロダクションのようにマネジメントを楽しめるという、ゲームの枠組みを超えたエンタメを計画してるんですって。壮大!

VRやARを使った配信や、オリジナルソングを引っさげての実世界デビューとかも世界観に含まれているそうな。生成されたアイドルは合成や移籍もできるとかで、ソシャゲ×AI×ブロックチェーンとか、ものすごい掛け算になってきましたよ。そのキャラ(アイドル)の良い部分をかけ合わせた、最強の自分好みアイドルが多くの人に評価されるというのは、得も言えぬ快感になりそう。

ボイスとセリフのアップデートは今秋、ボディの追加は冬に導入していくそうです。ブロックチェーンとか難しいことは考えず、まずは自分の推しを体現したアイドルを作ってみてはどうでしょう?

Source: PR TIMES, データグリッド

    あわせて読みたい

    powered by