ジャイロセンサーも搭載…? パワフル薄いゲーミングノート「Alienware m15/m17」が日本デビュー!

  • author 西谷茂リチャード
ジャイロセンサーも搭載…? パワフル薄いゲーミングノート「Alienware m15/m17」が日本デビュー!
Image: 西谷茂リチャード

ソファー対応。

COMPUTEX 2019(5月末開催)で発表されたDell(デル)の薄型ゲーミングラップトップが、日本でも発売されることになりました。薄型でありならパワフルにアップグレードしたAlienware 15mと17mと、普及モデルのG7 17です。

特にm15/m17は、一足先にデビューしていたモンスターマシン=Alienware Area-51mの「レジェンド・デザイン」を採用していて、見た目的にもカッコよく進化。そのスペック面や使用感はこちらのレビューをご覧ください。

ゲーミングPCっぽくない新デザイン:Alienware m15 / m17 ハンズオン #COMPUTEX 2019

珍しく“萌え断”なノートPCです。現在、台北で行なわれているテックイベント、COMPUTEX TAIPEI 2019。そこで発表されたAlienw...

https://www.gizmodo.jp/2019/05/alienware-m15-m17-hands-on.html

僕が気になったのは、m15/m17が姿勢や傾きを感知するためのジャイロ・加速度センサーを積んでいたところ。2-in-1や着脱式でもないのに、どうしてゲーミングラップトップが搭載しているの?

2019-06-2811.21.45
Image: 西谷茂リチャード

この疑問に答えてくれたのは、AlienwareのプロダクトマネージャーEddy Goyanesさん。

「パフォーマンスを使われ方に合わせて最適化するためさ。デスクなどに置いて使われていることを検知したら、MAXパフォーマンスを遺憾なく発揮する。ちょっと傾くような、たとえばソファーとかで使われていたら、バランスモードに切り替えてバッテリー消費や発熱を抑えるんだ」。

たしかに、ソファーでパフォーマンスを求めるゲームをプレイすることはあまりないですね。あるとしたら、軽いターンベースのゲームや動画視聴のためといった使い方。しかしこうなると気になるのは、バッテリー持ちですよね。これに関しては、「オフラインで画面を低輝度に設定しながら再生するとだいたい6時間だから、実環境ではもっと短いと思う」とのこと。

ここはゲーミングラップトップらしいスペック。ソファーでネトフリ見るために買うマシンではないようです。4K有機ELモデルがあるのに、ちょっと残念!

2019-06-2812.27.35copy-1
Image: 西谷茂リチャード
「ルナーライト」カラーのm15。

でもゲーミングラップトップとしての進化を発揮するのはデスク上です。Alienware m15/m17には、その際にCPUとGPUのパフォーマンスを最大限に引き出すための特殊機能があります。その名も「ハイパー高効率電圧レギュレーション(Hyper Efficient Voltage Regulation)」。

前モデルだとCPUとGPUにそれぞれ4フェーズの電圧レギュレーターしかなかったところを、m15/m17では(GPUがGTX 1660 Ti以上のモデルであれば)、CPUに6フェーズGPUに8フェーズのレギュレーターを割り振り。実はこれ、ラップトップ界では何気に世界初だそう。

でも結局気になるのは、それでどうなるの?というところ。この疑問にも、Eddyさんがわざわざ図まで描きながら説明してくれました。

2019-06-2819.27.23copy
Image: 西谷茂リチャード
これは僕が清書したバージョンです。Eddyさんの図は次のスライドにあります。

2019-06-2819.17.29copy
Image: 西谷茂リチャード
上の2本の線が重なっている図がEddyさんに書いていただいたもの。下のは僕の理解があっているか確認するために書いたもの。「4x4」は前モデルに関するメモです。

波打っている2本の線はそれぞれ電圧の上下を表していて、上の線が4フェーズ下の線が8フェーズでレギュレートした場合の電圧を表しています。で、線が下がった分が縞模様で埋められていますよね。この縞塗りされた箇所が、いわば「失われた電圧=失われたパフォーマンス」なんです。

というのも、CPUやGPUといったプロセッサーは基本的に、高いパフォーマンスを発揮するためには高電圧の供給を必要としていて、電圧レギュレーションがあまくて電圧が大きく下がったりすると、その分パフォーマンスは低下。なので、高い電圧を安定して供給できる8や6フェーズの電圧レギュレーションは、その分多くのパフォーマンスをプロセッサーたちから引き出せるんです。

2019-06-2812.27.46
Image: 西谷茂リチャード
右側にはUSB-Aポートが2つ。

2019-06-2812.28.07
Image: 西谷茂リチャード
左側にはUSB-A、3.5mmジャック、イーサネットが1つずつ。イーサネット!

2019-06-2812.29.33
Image: 西谷茂リチャード
背面にはHDMI、Mini Display Port、Thunderbolt 3対応のUSB-C、Alienware Graphics Amplifierポート、電源端子が1つずつ。

2019-06-2812.29.46copy
Image: 西谷茂リチャード
ヒンジの右側で光っているのはTobiiアイトラッカーの赤外線エミッター。視線を検知してくれます。

ラップトップ界では世界初の技術とだけあって、Eddyさんもこのように誇らしげ。「競合他社のマシンが同じCPUやGPUを採用しているのは僕も知っている。しかしm15/m17は電圧レギュレーターが多いことで、プロセッサーのパフォーマンスを最大限引き出せている」。そしてもちろん電圧が上がる、ということは排熱も増えているので、冷却システムも前モデルからしっかりアップグレードしています。Eddyさんによると、ゲームによっては数十fpsの差が出るのだとか。同じパーツを搭載していても、扱い方でパフォーマンスが変わってくる。これは面白い。

そのほかスペックや使用感についてはこちらのレビューへどうぞ。

ゲーミングPCっぽくない新デザイン:Alienware m15 / m17 ハンズオン #COMPUTEX 2019

珍しく“萌え断”なノートPCです。現在、台北で行なわれているテックイベント、COMPUTEX TAIPEI 2019。そこで発表されたAlienw...

https://www.gizmodo.jp/2019/05/alienware-m15-m17-hands-on.html

日本での発売は6月28日から! Alienware m15は21万2980円〜、Alienware m17は23万2980円〜というお値段になっています。ちなみに日本向けモデルはメモリが16GBに固定で(海外モデルでは8GBモデルもある)、キーボードは日本語のものを選ぶとキーごとのRGB照明がコントロールできないそうです(USキーボードを選べばキーごとのコントロールができる)。

そしてDellが発売する普及モデルのゲーミングラップトップ、GシリーズのG7 17は7月上旬から発売されるそうです。お値段はまだ未定ですが、Alienware m17よりお求めやすいはず。

Source: Dell

Alienware m15/m17 ほしい?

  • 0
  • 0
Dell 日本

    あわせて読みたい

    powered by