折りたたみ自転車もダンボールもハンズフリーで運べるから移動が楽になるね

  • ROOMIE
  • Buy
  • author 林 美由紀
折りたたみ自転車もダンボールもハンズフリーで運べるから移動が楽になるね
Image: Amazon.co.jp

ROOMIEより転載

暖かくなり、サイクリングにもぴったりな季節になってきました。

でも自転車の置き場所や、途中で電車に乗るなんてときは荷物になってしまいます。

サイクリング以外にも、アウトドアはどうしても荷物が多くなりがち。

大きい荷物でもストレスなく持ち運べるといいんだけど……。

ハンズフリーで運搬できる!

Image: Amazon.co.jp

折りたたみ自転車を運ぶ袋といえば、大きなショルダーバッグ型をイメージしていたのですが、「輪行リュック SHOEL(ショエル)」は、リュック型の折りたたみ自転車用バッグです。

荷物をくくりつけて運ぶために、古くから世界中で利用されてきた道具「背負子(しょいこ)」の仕組みを応用したのだそう。

背負子は、荷物の量や大きさにかかわらず積載でき、楽に運搬できるんですよね!

体の負担を軽減する工夫

Image: Amazon.co.jp

リュック型で両手が自由なので、輪行バッグ以外の手回り品も一緒に持って移動できます。

また、自転車の重量が両肩に分散されるため、体感する負担が大きく軽減されます。

さらに、10mm厚の発泡ポリウレタンが内蔵されており、背中に自転車が当たってデコボコするというストレスも軽減します。

Image: Amazon.co.jp
Image: Amazon.co.jp

リュックの揺れを抑え、体へ負担を軽減するチェストストラップが付いており、ショルダーストラップには視認性を高めるリフレクターも付いているので、夜道でも安心ですね。

自転車以外も背負える!

Image: Amazon.co.jp

折りたたみ自転車はもちろん、背負子の仕組みを取り入れたSHOELなら、手では抱えにくいダンボールや重たいビジネスバッグなども「背負って」運ぶことができます

メッシュ輪行袋に積載物をまとめることで、飛び出し防止にもなります。

サイズは、高さ100cm×横幅30cm(背負子)、高さ95cm×横幅90cm(輪行袋)、重量は、550g(背負子)、250g (輪行袋)です。

自転車も大きなダンボールもこれひとつで、気軽に背負えるから便利。

肩への負担も分散するよう考えられているので、これならストレスフリーで、どこでも好きな場所に行けそうです!

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので販売ページをご確認ください。

Source: Amazon.co.jp

あわせて読みたい

powered by