【きょうのセール情報】Amazonで期間限定セールが開催中! 800円台で消臭・乾燥の靴用ドライプレートや1,000円台の小型USB扇風機がお買い得に

  • 5,590

  • Buy
  • author メディアジーンメディアコマース
【きょうのセール情報】Amazonで期間限定セールが開催中! 800円台で消臭・乾燥の靴用ドライプレートや1,000円台の小型USB扇風機がお買い得に
Image: Amazon.co.jp

こちらはメディアジーン コマースチームからの記事です。

Amazon(アマゾン)では、期間限定セールが多数開催されています。執筆現在、人気の800円台で消臭・乾燥の靴用ドライプレートや1,000円台の小型USB扇風機がお買い得なセールを開催中です。

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更や売り切れの可能性もありますので、それぞれ販売ページでご確認ください(サイズやカラー選択も可能ですが、一部セール対象外のサイズ・カラーもありますので、販売ページでよくご確認ください)。

シューズラック内にこもりがちな靴のニオイや湿気を吸収&分解・放湿してくれます!

Image: Amazon.co.jp

「Ninonly」のシューズドライプレートは、1日履いた靴の中に一晩入れておくと、中にこもったニオイや湿気を吸収・分解してくれる優れもの。

その効果の秘密は、主材として使用されている「バーミキュライト」にあります。バーミキュライトは園芸などの土壌改良用に使われる土の一種で、たくさんの細かい穴が開いた多層構造で、水や空気を通しやすい性質を持っており、吸水&吸湿→放湿することで靴のニオイを吸収して分解することができます。

同じような機能がある珪藻土(植物性プランクトンや藻などの殻が化石化したもの)と並んで、バスマットやコースター、傘立てなど、高い吸水性・吸湿性を求められる製品に多数採用されているんですね。

Image: Amazon.co.jp

サイズは、幅6.5センチ×長さ19センチ×厚さ約1センチということで、メンズ・レディース・キッズを幅広く網羅した、どんなスタイルの靴にも入れることが可能です。

使用しない時は、風通しの良い場所で陰干しするだけでOK。

また、「お湯・水で濡れるような場所や、浴室内に持ち込んで使用しないでください」とのことだそうです。

Image: Amazon.co.jp

そのほかの注意点としては、

・ドライプレートを靴の中に入れたまま履かない

・材質の特性上、欠けた破片や微量の粉が出てきますが、品質上問題はありません

・自然素材を使用していますが、本体に着色している為、色落ちや色移りする場合がありますのでご注意ください

などがあります。

2枚セットで800円台というお手頃価格ですから、シューズラックの中に入れている靴の数だけ購入されれば、ジメジメする梅雨の時期だけに限らず、1年中通してクリーンなコンディションをキープできるのではないでしょうか?

コンパクトサイズ&ロングケーブルで、置き場所を選ばず心地の良い風を!

Image: Amazon.co.jp

「aceyoon」のUSB扇風機は、風量を3段階に調節できます。

回転数は、2,000RPM(45dBA)/ 2,800RPM(49dBA)/ 3,500RPM(53dBA)となっており、音も気になりづらく寝苦しい夜などに動かしても眠りをさまたげてしまう心配も軽減されているでしょう。

※「dBA」は騒音計を使って測定した「うるさい度合い」を表す単位で、単純な音圧を表す「dB(デシベル)」とは異なります。

Image: Amazon.co.jp

ABS樹脂製の7枚羽根で生成される風は、4枚羽根などの製品にくらべてきめ細やかになり、肌に当たる質の気持ちよさが高まるのが特徴だとか。

さらに、首の角度は上下30度まで調節可能ということなので、当てたいところにピンポイントで向きを変えられますよ。

Image: Amazon.co.jp

扇風機の重量は180グラム、サイズは高さ20センチ・幅12.7センチ(台座は11センチ)というコンパクトさで、ケーブルの長さは1.1メートルです。

Image: Amazon.co.jp

これなら、PCや電源タップから距離を取って、デスク周りのどこにでも置くことができます。モバイルバッテリーで駆動すればアウトドアでの使用も可能です。

手軽に使えるUSB扇風機、ぜひ試してみてくださいね!

また、Amazonでは毎日、時間限定・個数限定でタイムセールを開催中! 80%オフ以上のお得なアイテムや、数が少ないもの・時間が限定されているので、お見逃しなく。詳しくは以下のリンクよりご確認ください。

>>Amazon(アマゾン) 「タイムセール」商品一覧ページへ

Source: Amazon(アマゾン)タイムセール

    あわせて読みたい