グリグリ動かせるよ! 7億5000万年前までさかのぼって地球を見られる大陸移動シミュレーター

  • 25,063

  • author 岡本玄介
グリグリ動かせるよ! 7億5000万年前までさかのぼって地球を見られる大陸移動シミュレーター
Image: Ancient Earth Globe

作ったのがGoogleの元エンジニアだけあって、Google Earthそっくり。

2億4000万年前、地球には「パンゲア」と呼ばれるひとつの大陸しかなく、そこから徐々に地殻変動で大陸が7つに分かれて行った、といわれています。ですがそういわれても、なかなかイメージ出来ませんよね。

そこで、もとGoogle(グーグル)のエンジニアで、現在はカリフォルニア州マウンテンヴューの小惑星データベースAsterankに勤務しているイアン・ウェブスターさんが、Google Earthそっくりな古代の地球をグリグリ動かせるシミュレーター、「Ancient Earth Globe」を作りました。

IFLSCIENCE!によりますと、これは今現在から、7億5000万年前まで任意の時代をさかのぼり、大陸がどのように動いていったのかをインタラクティブに楽しめる、というもの。国名や都市名を打ち込めば、何億年前にどの国がどこにあったのかも検索できます。

日本を検索してみた

そこで検索窓に「Japan」と打って、順次さかのぼっていたところ……日本は2億4000万年前に中国大陸にくっついていたのが最後で、それ以前の時代は大陸が縮小していき、存在していませんでした。

190617_ancientearth2
Image: Ancient Earth Globe

各時代には、画面左下にちょっとした説明文が添えられており、この時代は三畳紀前期で、「陸上植物の多くが絶滅したため、酸素レベルが極端に低かった」とあります。

そのご1億7000万年前辺りで、日本列島の上には日本海が出来たり、また大陸にくっついたりを繰り返していったようです。


手軽に時間旅行ができて、なおかつ地球を手玉に取ることが可能になる「Ancient Earth Globe」。ボケーっと楽しみながら、地理学と考古学が学べるので是非遊んでみてください。

Source: Ancient Earth Globe via Mail Online via IFLSCIENCE!

    あわせて読みたい

    powered by