ポルノを違法ダウンロードしたユーザーを標的に訴訟を起こしまくって和解金でガッポリ稼いだ弁護士、懲役14年の判決

  • 28,850

  • author Bryan Menegus - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
ポルノを違法ダウンロードしたユーザーを標的に訴訟を起こしまくって和解金でガッポリ稼いだ弁護士、懲役14年の判決
Image: Damian Dovarganes/AP

実際にポルノ動画の制作までしていたそうな。

ここ数年でもっとも奇妙な、著作権侵害事件のひとつが終わりました。それは弁護士のポール・ハンズマイアーが、ポルノ動画をダウンロードしたネット民を標的に恐喝する、という珍妙な罪を犯し、168カ月という果てしなく長い刑期を言い渡された件です。

今は起訴されてから、すでに3年近くが経っているとのこと。当時ハンズマイアーと、もうひとりの弁護士ジョン・L・スティールは、被害者たちから「決済手数料」なるお金をむしり取ろうと、強要計画を悪巧みした罪で訴えられました。

その手口

彼らはまず、ダミー会社を通じてポルノ素材の使用権 (場合によっては制作権) を得ました。

そしてパイレート・ベイのようなファイル・シェアリングのサイトに、ポルノ動画をアップロードしておきます。そこで映像が違法ダウンロードされると、ふたりは著作権侵害訴訟を起こし、プロバイダーからダウンロードした人物の身元を割り出します。

次に彼らが運営する、プレンダ・ロウという名の法律事務所を経由し、弁護士の顔をして被害者に接触。そこで和解金を支払えば、法定に持ち込まず解決できると甘い蜜をチラつかせ、さもなければ本名がポルノ関連で著作権を侵害した、と公に晒されますよ?2択を迫るのです。

集めた金額

一件あたりの和解金は3,000ドル(約32万円)で、捜査当局はプレンダ・ロウは2011年から2014年の間に600万ドル(約6億5,000万円)も荒稼ぎしていたことを突き止めました。また最終的に、ふたりは訴訟を通じて300万ドル(3億2,400万円)を集めたことを認めました。

裁判官はガッカリ

Star Tribuneによりますと、金曜日にアメリカ地方裁判所のジョアン・エリクセン裁判官がハンズマイアーに刑を言い渡し、そこでこう話したのだそうです。

あなたが(弁護士としての)信用を貶めたことが、どれだけ司法行政に損害を与えたか計算しきれません

そしてこの事件に関わった連邦捜査官は、司法省からのプレスリリースにて、ハンズマイアーの行動を即座に非難しました。そして検察いわく、ハンズマイアーは何百人もの被害者を騙すことに加えて、証拠隠滅を画策し、裁判官に何度も嘘の供述をしようとした、とも報じられています。

賠償金も高額

去年のこと、ハンズマイアーはメール詐欺、電信詐欺、およびマネーロンダリングのための共謀それぞれの、ひとつずつを有罪を認めました。そして彼は今、およそ150万ドル(約1億6,200万円)の賠償金を支払うよう命じられました。

彼と共同被告人のスティールには、2017年に同じ罪状で有罪が決まり、来月に判決が言い渡される運びになっています。


ポルノサイトをクリックして「金を払え!」ってのは古い手口ですが、これを弁護士がやってしまっては、法曹界に信頼もガタ落ちになってしまいますよね。違法ダウンロードもいけませんが、このテの詐欺もなくなって欲しいものです。

Source: Star Tribune, Department of Justice
Reference: Wikipedia

あわせて読みたい

powered by