実現したら大助かり。赤ちゃんが泣いている理由を識別できるAIが開発中

  • author 中川真知子
実現したら大助かり。赤ちゃんが泣いている理由を識別できるAIが開発中
Image: Sasha Mosyagina/Shutterstock.com

異常な泣き声って、火がついたように泣くやつのことかな。

赤ちゃんが泣くのは、親にメッセージを送っているからですが、たまにどうにもこうにも原因がわからない泣き方をする時があります。心と体に余裕があれば、根気強く付き合えますが、なにせ赤ちゃんとの生活は疲労と寝不足で切羽詰まった感じになるので、泣き声にイライラさせられたり、追い詰められたりします。

そこで、新米ママ・パパのプレッシャーを少しでも軽減したいと、米国の研究者グループが赤ちゃんの泣き方を識別する新たなAIを考案したとTECH2が伝えました。

IEEE/CAA Journal of Automatica Sinica(JAS)に掲載されたそのメソッドは、泣き声の原因が空腹か、病気か、他の何かなのかを検出できるのだそうです。

泣き方に共通している「特徴」を抽出する

赤ちゃんの泣き方はそれぞれですが、同じ理由からくる泣き方には共通の特徴があるのだとか。最新の研究では、自動音声認識に基づく特定のアルゴリズムを使用して赤ちゃんの泣き声の特徴を検出して認識します。これらのシグナルを分析して分類するために、研究者らはビッグデータをより効率的に処理する方法として、圧縮センシングを使ったそうです。この圧縮センシングというのは、データに基づいてシグナルを再結成するプロセスで、特に赤ちゃんが泣くような雑音の多い環境で録音するときに有用とされています。

著者のSichuan Liu氏は、「特別な言語のように、さまざまな泣き声の中にたくさんの健康に関する情報が含まれています。音の違いが情報を伝えるのです」と話します。さらに、「こういった違いは泣き声の特徴によって表現されます。情報を認識して活用するために、特徴を抽出した中の情報を引っ張り出す必要があるのです。最終的な目標は、赤ちゃんの健康を守り、親のプレッシャーを軽減させることです」と加えています。

なるほど。目的はわからないんでもないですが、個人的には「正常な泣き声」と「異常な泣き声」という、バウリンガル並みざっくりすぎるカテゴリー分けなら「育児経験がなくても瞬時に本能でわかる」と思います(かなり違うので)。

助けてほしいのは、具体的に小児科に駆け込めばいいかどうかの、一歩先をいく判断の部分。赤ちゃんが言語化できない泣き声の具体的な原因を解析してくれたら、夜中に救急病院に行くレベルなのか、朝まで待ってから行かせたほうがいいのかの判断もつきますし、小児科の先生にも症状を伝えやすくなると思います。そこまでいったら、寝かしつけを助ける人形やアプリのように、親に必要とされそうです。

Source: TECH2

    あわせて読みたい

    powered by