皆が待ち望んでいたイノベーション! カップ麺のフタ、開けてももう一度閉じられるように

  • 16,228

  • author 岡本玄介
皆が待ち望んでいたイノベーション! カップ麺のフタ、開けてももう一度閉じられるように
Image: 共同印刷株式会社

ペロンに悩まされる日は過去のものとなる。

お湯を注いで3分待つカップ麺。誰もが経験あるかと思いますが、一度開いた上蓋って、ペロンと反っちゃって、3分待つあいだ閉じててくれないんですよね。

人によっては、付属のシールで閉じるでしょうし、何か適当な食器やまな板などで重しをするかもしれません。ほかにはアツアツのヤカンを置いて再度くっつけさせたり、割っていない状態の割り箸が閉じる力でフチを挟むなんてこともあるでしょう。

ですがもう、昭和の時代から何十年も続いてきた悩みに終止符を打つときが来たのです。

革命が起きる

それが、共同印刷が開発した「カップ用リシール蓋材」

共同印刷株式会社によると、内側のフィルムに再封機能を持つ独自のリシール層を採用することで、一度開いた上蓋がまたピタっとくっつくとのこと。

カップ焼きそばは湯切り用の穴が作られたりと、これまで改善が試みられてきましたが、なぜかラーメンは取り残されてきた感がありました。ですが令和の時代になってやっと! この問題が解決するのです。

どのカップ麺に導入されるか?

共同印刷はこれから食品業界に、この技術を提案していきます。今後はどのメーカーのどのカップ麺にこの技術が導入されるのか? ちょっと気になりますね。

ちなみにカップ麺は日本だけでなく、諸外国でも定番商品になっています。なので海外でいち早く導入される、なーんてこともあるかもしれませんね。


Source: 共同印刷株式会社 via ニュースイッチ

カップ用リシール蓋材 ほしい?

  • 0
  • 0

    あわせて読みたい

    powered by