あれっ、Google謹製タブレットの開発および発売が打ち切りに…

  • 15,926

あれっ、Google謹製タブレットの開発および発売が打ち切りに…
Photo: Alex Cranz/Gizmodo US

えっ、期待してた人もいたのでは?

このところGoogle(グーグル)は、PixelシリーズのスマートフォンやGoogle Homeシリーズのスマートスピーカーなどで、ハードウェアの販売事業でも存在感を高めてきました。昨年は「Pixel Slate」タブレットもリリースし、キーボードをつけるとラップトップになる、iPadやSurfaceシリーズの対抗馬が出現? 大きな問題となり得るのは、その高いお値段くらいかな?

Google謹製のタブレットに対しては、AndroidとChrome OSのいいところを融合した新製品として、期待する向きもありました。そもそも2015年にGoogleが発売した、初代タブレットの「Pixel C」は、OSにAndroidを採用したゆえの、タブレットモードとラップトップモードの切り替えの悪さが課題に。一方、その後にリリースされた、Chromebookシリーズの「Pixelbook」は、タブレットとしての使い勝手もよいと評判だったようです。そして、ついに登場したPixel Slateにより、過去の教訓を活かし、ラップトップとしての使い勝手も抜群の完璧なタブレット投入が目指されてはいたのですが…。

このほどGoogleは、開発ロードマップから、Pixel Slateの後継機種となる一切のタブレットシリーズを消去。今後はChrome OSを搭載するラップトップに、Googleのハードウェア部門としては注力していく構えで、すでに発売されたPixel Slateに関してはサポートのみを継続するとのスタンスが明らかにされましたよ!

はい、このニュースは本当です。Googleのハードウェアチームは、今後はラップトップの開発注力していきます。でも、誤解しないでください。AndroidおよびChrome OSの開発陣は、パートナー企業がリリースする、コンシューマー、エンタープライズ、エデュケーションにおける全分野の市場セグメントのタブレットを、末永く全力でサポートしていくことに変わりはありません。

今回の報道を受けて、Googleのデバイス部門を率いるRick Osterloh氏は、自身のTwitterアカウントにて、このように語っていますよ。いくつかPixel Slateの後を受ける新モデルの開発が続いているとのうわさもあったのですが、すべて打ち切られてしまったようですね。さまざまなメーカーがリリースするタブレットの今後に影響はないとされているものの、Chromebookシリーズのファン以外には、ちょっと残念にも感じられる展開です。すでにハードウェア事業の縮小は予想されてはいましたけど、思ったほど、Pixel Slateの評判が芳しくなかったというのが、とどのつまりでもあったのでしょうか?

    あわせて読みたい

    powered by