ファーウェイがAndroidを使い続けるより、独自OSを作るほうがデメリットが大きいとGoogleが米政府へ説得か

  • 53,841

ファーウェイがAndroidを使い続けるより、独自OSを作るほうがデメリットが大きいとGoogleが米政府へ説得か
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US

ライセンス剥奪の延期も…?

米中貿易戦争のような両国間の関係悪化のなか、いまスマホ販売などで窮地に陥れられた形のHuawei(ファーウェイ)ですけど、もしかすると、思わぬところから助け舟が出されたりするやもしれません。やはり、ソフトウェア面では、Google(グーグル)によるAndroidのライセンス剥奪措置という衝撃の大きさは否定できないでしょう。当のHuaweiは、独自OSを開発し、しっかりアプリストアだって用意していくので大丈夫だと強がってはいるようなんですけど、これって本当はGoogleでさえ望んでいない展開だったのかもしれません。

このほどFinancial Timesは、これからHuaweiが、Googleの提供する、正規のAndroidの使用ライセンスがないままビジネスを続けた場合のインパクトについて、とある情報筋が、Googleの本音を明らかにしたと紹介。どうやらGoogleは、米商務省の関係者などへ、もしもHuaweiに対するAndroidのライセンス剥奪が続き、勝手にオープンソースベースでAndroidもどきなOSを作られたりすれば、そのバグが大量に発生して、かえってセキュアでないスマートフォンが世界に蔓延しかねないと抗議。結局のところは、これは米政府が懸念するセキュリティ上のリスクを全般的に高める結果を招いてしまうので、当面のHuaweiに対する3か月間のライセンス提供期間を延長するないしはライセンス剥奪措置の撤回を認めるよう、関係者へ申し入れたと伝えられていますね。

Googleが目指しているのは、米国内および世界各国で、Huaweiのモデルを使用している数百万規模のユーザーへ、セキュリティ保護提供し続けることである。

今回の報道を受けて、その真偽を確かめるべく、米Gizmodo編集部からGoogleに問い合わせてみたところ、このような回答が返ってきました。Googleが、Huaweiへの制裁解除を申し入れたことを否定するのでも肯定するのでもない文面でしたが、このメッセージからすれば、まんざら抗議行動ウソでもないようです。ともすると、中国に対し、米国が強める圧力ばかりがクローズアップされて報じられがちですが、実は制裁が強化されて、さまざまな分野で悪影響がおよぶことを心配している企業も少なくないのかもしれませんよね?

Source: Financial Times

    あわせて読みたい

    powered by