Googleが数カ月ごとにウェブやアプリのロケーション履歴を自動削除するオプションを運用開始

Googleが数カ月ごとにウェブやアプリのロケーション履歴を自動削除するオプションを運用開始
Image: Google

さすがに18カ月前の履歴は要らないもんなぁ。

Googleが5月に発表していた、ロケーション履歴の保持期間をユーザー側で決められる機能の実装を開始しました。これでGoogleのデータベースに永遠に自分の痕跡を残すことなく、自動的に削除できるようになるのです。

TechCrunchによりますと、ほかにもウェブとアプリの履歴も削除できる設定が出来るようになったとのことです。

使い方

この機能は、Googleアカウントの「アクティビティ管理」へ飛び、「ウェブとアプリのアクティビティ」や「ロケーション履歴」など各項目から「履歴を管理」でチェックできます。すると「自動削除を選択」というボタンが見えるので、そこをクリックすると「手動で削除するまで保存する」、「18カ月保存する」、「3カ月保存する」という3つの選択肢があるので、お好きなものを選べるようになっているのです。

Googleはこうした情報を収集する会社なので、もちろんこの機能はデフォルトではなく任意で自らが設定をしないといけません。とはいえユーザーがふと思い付いたとき、自発的に手作業をするよりマシですよね。

Googleは、その使い方をアニメで紹介しています。

これはユーザーが手動で自身のデータを削除できるものですが、これだと行った場所やお薦めされた場所の再確認したりという、“パーソナライズされた体験”といった怪しい機能の利便性もなくなり、Googleがこの種の情報を収集することを止めることになります。

伝えられている情報がバラバラなのはなぜ?

TechCrunchいわく、Googleはこの機能は26日(水)からiOSとAndroidで使えるようになると話しています。しかしTHE VERGEでは“世界的に利用できるのは数週間後になる”と書かれているので、自分がどの国にいるのかで何日か時差があるのかもしれません。こうした機能実装についての日程の矛盾について、2記事の違いは木曜日の早朝から「ウェブとアプリのアクティビティ」の自動削除はあったようですが、「ロケーション履歴」がなかったことから起きた模様 。

いずれにせよ、過去を振り返りたいなど何らかの理由でGoogleのデータ収集を完全に止めたくなければ、3カ月後くらいで削除するように設定するのがちょうど良いかもしれませんね。

Source: Google(1, 2), TechCrunch, Twitter, THE VERGE, 9TO5Google

    あわせて読みたい