iTunes終了後、あの機能はどうなる? Appleが公式なサポートドキュメントを公開

  • 51,430

  • author 小暮ひさのり
iTunes終了後、あの機能はどうなる? Appleが公式なサポートドキュメントを公開
Image: Apple

これ、今一番気になることだと思います。

WWDC 19にて次期macOS Catalina以降は「iTunes」が、「Apple Music」「Apple Podcast」「Apple TV」の3アプリに分割されることが発表されました。

この発表を受けて「あの機能はどうなるの?」「〜〜は使えるの?」という不安を抱えている人も居るかも知れませんね。でも、Apple公式のサポート文書によれば、おおよそ同じことができるみたいですよ。

音楽管理は「Apple Music」アプリで

iTunesの音楽管理機能を司るのが新しい「Apple Music」アプリ。

iTunesでインポートまたは購入した音楽は、Apple Musicアプリに入ります。iTunesで作成した音楽プレイリストとスマートプレイリストも、引き続きApple Musicアプリに追加されるとのこと。

Apple Musicサービスのサブスクリプションでの聴き放題も、こちらのアプリからです。また、Apple Musicアプリのサイドバーには「iTunes Store」が備わっていて、音楽の購入も引き続き利用できます。

映画の管理、購入、レンタルは「Apple TV」アプリで

iTunesの「ムービー」や「テレビ番組」を引き継ぐのが「Apple TV」アプリ。

すでにiTunes Storeから購入またはレンタルした映画やテレビ番組が、新しいApple TVアプリに追加されます。これらの映像コンテンツの購入は、今後はこのアプリで行ないます。

Podcastは「Apple Podcast」、オーディオブックは「Apple Books」へ

iTunesに追加したPodcastは、新しい「Apple Podcast」アプリへと追加されます。また、iTunesから購入したオーディオブックは、アップデート後「Apple Books」アプリに追加されるとのこと。また、今後のオーディオブックの購入は、Mac用のApple Booksアプリを利用することになります。

iPhoneなどの同期は「Finder」でOK

iPhone、iPad、iPodなどの端末のバックアップ、復元、同期といった管理機能は、「Finder」でできるようになります。macOS Catalinaにアップデートした後も、同期設定とiTunesでの以前のバックアップは引き続き保たれるとのことなので、こちらも安心しましょう。

というわけで、機能が複数のアプリに分割されますが、できることは引き続き変わらないようですね。これまでiTunesがなんでもかんでも抱えすぎたスーパーアプリと化していたので、用途別にリソースを分け合うってのは、スマートでわかりやすい改良かと。

その他詳しい変更点はこちらをどうぞ。


Source: Apple via 9to5mac

    あわせて読みたい

    powered by