CGじゃないよ。チタン製のアイアンマン、空中浮遊に成功!

  • 51,101

  • author 岡本玄介
CGじゃないよ。チタン製のアイアンマン、空中浮遊に成功!
Image: CNET/YouTube

これでやっと憧れのアイアンマンになれました。

かつて、映画『アイアンマン』をお手本にして、最速飛行でギネス世界記録を樹立し、さらには一式5千万円ほどで販売も開始された、グラヴィティー・インダストリーズジェット・スーツ

これは重さ22kgのマイクロ・ガス・タービンが5個装着され、灯油を燃焼させて時速50km以上で宙に浮いて飛行ができるパワード・スーツなのです。

そしてこのたびCNETが、人気テレビ番組『怪しい伝説』や、YouTubeチャンネルTESTEDのホストとして知られるアダム・サヴェッジさんと、彼の友人でもあるというグラヴィティー・インダストリーズのリチャード・ブロウニングさんとを招き、チタンでアイアンマンのスーツを作り、さらにジェット・スーツを装着して宙に浮く、という企画を行いました。

Video: CNET/YouTube

サヴェッジさんも挑戦していますが、1,000馬力を持つ5つのジェット操るには日々の鍛錬とバランス感覚が必要。素人ではかなり難しいことがわかりますね。

3Dプリンターを使い、チタンで作ったスーツは、マーベルから直にモデルのデータを貰ったというマーク2を基に人が着られるものにしています。ですがスネの反り加減がバナナのようで、ブロウニングさんは着地のときに膝を曲げられなかったのだそうな。でもバッチリ空中浮遊ができてますね。

このように、映画『アイアンマン』はすでにサイエンス・フィクションではなくなりつつあります。あとはアーク・リアクターを胸に埋め込むだけですね。

では最後に、サヴェッジさんがマネキンを切り刻んでチタン製アイアンマン・スーツのスタンドを作る様子をどうぞ。ディティールも良くわかりますよ!

Video: Adam Savage’s Tested/YouTube

Source: YouTube (1, 2) , Gravity Industries

    あわせて読みたい

    powered by