工事現場でインスタ映え。現場のオジさんがインフルエンサーに

  • 7,029

  • author 中川真知子
工事現場でインスタ映え。現場のオジさんがインフルエンサーに
Image: Instagram

ある日、テキサス州オースティンに住むOmarさんは娘さんにこんな質問をしました。「インフルエンサーって何だ?

娘さんはおそらく「人にいい影響を与える人」と答えたのでしょう。Omarさんは「なんだ、それなら俺もできるじゃないか」と言い、Instagram(インスタグラム)を始めました。

そして潜在的なカリスマを発揮し、見事インフルエンサーになったのです。ただ、他のインフルエンサーとちょっと違うのは…、Omarさんはファッショニスタやカリスマ・トラベラーではなく、工事現場で働くコーヒー好きのオジさんなのです

Mashableが紹介したのは、そんな今をときめくオジさんインフルエンサーの「justaconstructionguy(単なる工事現場の人)」さんです。

120パーセントいい人な笑顔。

筋金入りのコーヒー好きだということが、愛用のStanley(スタンレー)のサーモマグからもうかがい知れます。あれ、ちょっと重いんですがアッツアツがキープされるし、いいんですよね。

力強い背中。

18枚しか写真を投稿していないのに、フォロワーは42万3000人オーバー(2019年6月現在)。Omarさんのアカウントをここまで人気にしたのは、娘であるBarbala Lさんがツイッターでアカウントのスクリーンショットをシェアし、その後、@middleclassfancyというアカウントがとりあげたからです。

Mashableによると、最初にBarbalaさんが父親のアカウントを紹介した時、フォロワーは75人しかいなかったようです。しかし、すぐにアカウントは瞬く間に注目され、あっという間に時の人。

自称「単なる工事現場の人」のOmarさんですが、その働き方と笑顔は人を惹きつけるものがあります。彼の仕事に心からの敬意を評したくなりますし、仕事の合間にコーヒーを楽しんでいる様子を見ると、こっちまで一息つきたくなってきます。

何も売りつけない、何も宣伝しない、ただただ、働くことの楽しさプライド、そして人生を少し豊かにする嗜好品を満面の笑みで見せてくれるインフルエンサーOmarさん。是非フォローして影響されちゃってください。

Source: Mashable

あわせて読みたい

powered by