カメラにハマると、「靴」にもこだわるようになった。そのわけを語らせてください

  • Sponsored By キーン・ジャパン合同会社
  • author ヤマダユウス型
カメラにハマると、「靴」にもこだわるようになった。そのわけを語らせてください
All Photos: 稲垣謙一

靴で趣味ライフをアップデートしたいのです。

ギズモードの読者にはカメラや写真がお好きな方も多いと存じますが、撮影に出かけるときの服装ってどうしてます? 街撮りなら普通めのカジュアルでいいけど、砂地とか森とか海辺とか、ちょっと自然が絡むシチュエーションでの服装って悩みません?

僕は初のフルサイズ一眼を買ってからこの悩みを抱えていて、とくに! 僕はコレにずぅ〜っと悩んでまして。たとえば午前中は街中で、午後は自然の多い場所での撮影を想定した場合、スニーカーだと砂地での汚れが気になるし、かといってトレッキングシューズはやりすぎ。夏なら通気性も気にしたいし、わりと要望多いんです。

190624_keen_composite-1

アーバンなシーンでもアウトドアなシーンでもこなす、そんな便利靴はないものか。タイトルにはそんな意味があるのですが、編集部の人にKEEN(キーン)のニットサンダル「EVOFIT 1(エヴォフィット ワン)」の存在を聞きました。上の写真の青いヤツですね。

KEENといえば水陸両用のハイブリッド・サンダルや、コードを編み上げたオープンエア・スニーカー「UNEEK(ユニーク)」でお馴染みだけど、これはサンダルなのにスニーカーライクでなかなか良さそうだ。通気性も良さそうだし、かなりアクティブに使える気がしますよ。ふむふむ。

これは試すしかないね。撮りにいくしか、ないね!

都会でもピシっと映える、進化したサンダル

190624_keen-8384

さっそく裸足に「EVOFIT 1」を装着して撮影に出発。ゴムで引っ張るバンジーコードのおかげで靴ひもを結ぶ手間がありません。KEENのサンダルは靴下アリでもカッコよく履けますが、今回は水場も想定してるので、裸足の女神でGO。

190624_keen-8507

都内の緑地を目指して、まずは目黒区・自由が丘へやってきました。あんまり来ることもない街ですし、コンデジ片手にスナップで肩慣らしと参りましょうか。

190624_keen-8539

パンケーキの街、自由が丘。そんなおしゃれタウンでも「EVOFIT 1」のビビッドな存在感は上手くハマってます。アウトドアすぎず、かといってハズしすぎでもなく、程よいアソビ感が映えます。

190624_keen-8465

あと、この日はめっちゃくちゃ日差しが強かったのですが(気温約30度)、さすが裸足だけあって足元は超快適でした。このアッツアツの舗装路をムレがちなスニーカーで歩くと思うと…。夏はサンダルの偉大さが身にしみますねぇ。

190624_keen-8534

うん、色も良いけどシルエットも良い。KEENの代名詞ともいえるつま先をガッチリ保護するデザインのおかげで指先が見えないから、サンダルのラフさが軽減されてるのかも。「EVOFIT 1」のEVOはEvolution、進化を表してるそうですが、サンダルの快適性をキープしつつ、スニーカーのようなカジュアルさをそなえるのは、まさに進化って感じです。

砂利あり川ありなオアシスで機能性を実感

190624_keen-8866
都会にポツリと佇むオアシス「等々力渓谷公園」

パンケーキタウンを過ぎてやってきたのは、自由が丘から電車に乗って10分ほどで来れる世田谷区の「等々力渓谷公園」。

190624_keen-8840

遊歩道小川にと、都内らしからぬネイチャーっぷりが詰まった癒やしスポットです。フルサイズ一眼に持ち替えて、森林撮影と参りましょう!

190624_keen-8647

舗装されてるとはいえ、ちょっと歩けば砂利が跳ねるような環境も。ビーチサンダルや雪駄なら、侵入してきた砂利を払う必要も出てくるかもしれません。が、「EVOFIT 1」はそれもなし。スニーカーのようなシューズデザインは、砂利の侵入を一度も許しませんでした。

190624_keen-8730

そしてやっぱり、つま先が守られてる安心感はめちゃ偉大。こうした荒れ地でもしっかり踏み込めるし、岩や地面につま先をガーンしたときもしっかり守ってくれます。

190624_keen-8649

なんというか、見た目はサンダル風なんですけど、履いてる身としてはサンダルゆえの無防備さはほとんど感じなかったというか。踏破性は限りなくスニーカーで、かつ通気性や軽さはサンダルのそれ。夏シューズの足元として、これはありがたすぎですよ。

ニット素材はローアングルに効く

190624_keen-8712

EVOFIT 1」の機能的な部分にも注目してみましょう。アッパー部分(足の甲)のニットには、エリアごとに凹凸や編みの密度を変え、足の動きを計算して織る「エンジニアードニット」技術を採用しています。ニットだから甲や足首のフィット感も良好で、頑丈さや通気性、速乾性があります。

またニット素材ゆえに足の動きにフィットするので、たとえばしゃがんで撮影するとき、スニーカーよりもはるかにラクでした。しゃがみやすいってのは、撮影においてとてもありがたい。

190624_keen-8758
つま先とかかとを握って、グイッと180度くらい曲げています。ソールの屈曲性もすごい

で、「しゃがんで」というところに合わせて語りたいのが、このアウトソール。屈曲性が高い! あと、「〜〜〜」のような細い波が見えますか? この小さな「ミゾ」はレイザーサイピングといい、接地面とのグリップ感を高めて、「EVOFIT 1」の滑りににくさに貢献してます。

190624_keen-8764-1

船乗りが使うデッキシューズは水を逃がすためソールに切れ込みが入ってるのが特徴ですが、アレと同じ原理でこの波型のミゾが水の逃げ場になってるんです。曲げていないときはこのミゾは見えないんですけど、こんな風にしゃがんでつま先を曲げたときにチラ見えします。

つまり、「EVOFIT 1」の屈曲性を活かして踏み込むときは、このミゾが効果的にグリップしてくれると。よくできてる!

190624_keen-8812

たとえば、こうした水場の滑りそうなアングルでもしっかりグリップできます。川遊びにも嬉しい機能じゃないですか。

190624_keen-8747
かかと付近、半透明のTPU素材で加工されている

また「EVOFIT 1」の側面は、スマホケースでおなじみの「TPU」素材で加工されていて、ニットの柔らかさを補強し、こういった舗装されていないシーンでの泥よけ対策にもなります。

190624_keen-8682

というわけで、「EVOFIT 1」を履いて街&渓谷での撮影を楽しんできました。とくに気に入った点は、軽さとフィット感の2点。朝からの撮影でしたが、それこそサンダルならではの軽さで最後まで快適に夕方まで過ごせました。

かつ、サンダルだけどニット素材だからフィットして履けたので、足がバタバタと遊ぶこともなく、スニーカーのようなソール機能だから、歩きやすく疲れなかったなと。

190624_keen-8344

それじゃあ帰宅して終了…でも良いけど、どうせならキレイにメンテナンスもしてあげましょ。「EVOFIT 1」はフットベット(中敷き)が取り外せて洗えるし、なんと靴自体がニットだから丸洗いできちゃいます。こうしてネットに入れて洗濯機で洗えば、泥汚れなんかもしっかり落とせます。

履き心地、涼しさ、アクティブ。全部ココにあり

190624_keen-8434

今回は「写真撮影の服装」という点から試してみましたが、ここまでカジュアルさとスポーティさを両立してる靴って、かなりレアなのでは? ニット素材のおかげで街中のシーンでもスニーカーっぽく履けて、しかもソールのガッシリさやつま先の保護っぷりはアクティブシーンもこなせてしまう。さらに通気性屈曲性まで確保してある。夏アウトドアの適役とは、まさにこういうヤツ!

190624_keen-8903

僕は服装も趣味の楽しさを強める要素だと捉えていて、シチュエーションに応じた服や靴を選ぶことそのものを楽しみたいなーと思っています。こういう場面にはこういう装備がいるな、とか。カメラはまさしく撮るシーン・場所に応じて選ぶギアですが、シーン・場所に応じて選ぶというなら、靴にこだわる意味も見えてきません?

190624_keen-8837
左から時計周りに「Dark Olive/Antique Bronze」「White/Black」「Black/Black」「Turquoise/Black」※「Dark Olive/Antique Bronze」以外はMEN/WOMENモデル有り

そこで、見た目や機能もギアい「EVOFIT 1」です。ガッツリ動くアクティブシーンにも、サッと履きたい街中モードにも。どちらの要望にも高いデザインと機能で応えてくれる「EVOFIT 1」。僕は大変に気に入りました。

今回は写真下の「Turquoise/Black」モデルを使用しましたが、他にもさまざまなカラバリで展開中です。ホワイトとかストリート系にも合いそう。

190624_keen-8885

この夏のお出かけがまたひとつ楽しくなりそうです。

Source: KEEN

あわせて読みたい

powered by