超合成Deepfake動画を見分ける鍵は、人間の「無意識な」細かい動き

  • 8,434

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • そうこ
超合成Deepfake動画を見分ける鍵は、人間の「無意識な」細かい動き
Video: Gizmodo US

人間らしさって、簡単に作れるものじゃないのよ。

AIの力を借りて作られるDeepfake動画。ディープフェイク。フェイク=偽が、ディープ=深いんですから、そりゃ偽物と簡単には気づかないようにうまーいこと作られた動画なわけです。動画なのでつい信じちゃって、あの人そんなこと言ったの?と嘘情報が歩き出して大問題になってしまうのです。アメリカでは、次の大統領選を前に、偽動画は大いなる脅威。ゆえに、DeepFake動画を見破るためのリサーチも盛んに行なわれています。

無意識の仕草が人間たらしめる?

一般人がちらっと見ただけではわからないDeepFake動画ですが、実は完璧いは程遠い出来。たとえば、一切瞬きしないなんてのは比較的簡単に見破ることができます。が、敵(?)もバカじゃありませんからね。過ちから学び、さらにリアルなDeepfake動画を送り込んでくるでしょう。

そこで、カリフォルニア大学バークレー校と南カリフォルニア大学の研究チームが、Deepfakeを見破る方法として目をつけたのが、人間が無意識に行なう細かい動き。すでにある映像(本物)から、この細かい動きを探すというトレーニングをAIに行なったのです。細かい動きとはつまり、話している本人も気づかないような、唇や視線、手の動きなど。最初は気づかずとも、繰り返し探すように見ると、なるほど個人それぞれクセのような動きが見えてくるものです。が、Deepfakeにはコレがない! なんせ人間だって無意識でやってるんですから。

戦いはこれからだ

AIトレーニングの結果、92%の精度でDeepfaked動画を見破ることができました。Deepfakeにありがちな画質悪いものでも可。研究チームはさらにプロジェクトを進め、対象人物の声(話し方)のクセからでもAIが見破れるようにしていく計画です。

ただね、見破る側の技術があがるのと同じく、Deepfakeを作る側の技術もあがっていきます。つまり、終わりなきバトルはまだまだ始まったばかりという。

    あわせて読みたい

    powered by