環境破壊が進んでもAIが大麻を栽培するシステム

  • 5,112

  • author Brian Merchant - Gizmodo US
  • [原文]
  • 福田ミホ
環境破壊が進んでもAIが大麻を栽培するシステム
GIF: Seedo

いろいろと終末感が漂う。

これまでたくさん会社が、スマホでコントロールできる「史上初」の個人用植物栽培システムを開発してきました。でも、「気候変動時代にも安定して大麻とかハーブを生産できる」っていう売り文句の温室システムは、本当に初めてかもしれません。

イスラエル発のSeedoは、「大麻やハーブ、その他の野菜のための完全自動屋内水耕栽培システム」です。ちなみにイスラエルではもともと医療用大麻が合法なだけじゃなく、2019年に入って国外への輸出も合法化されています。

「世界の農業事業者にとって、気候管理が一番の頭痛のタネであることは疑いがありません」SeedoのCEO、Zohar Levy氏は米Gizmodo宛のメールで言っています。「温暖化や都市人口の増加が世界の食料供給を脅かしていますが、Seedoの技術を使えば、気候・気象条件といった外的要因による収量減少を恐れることなく屋内で植物を育てることが可能になります。」

…大麻栽培システムの売り文句としてはずいぶん壮大な感じです。たしかにその通りだし、時代に合った売り方って大事だし、みんながやってます。たとえば米国のホームセンター・Home Depotは、よりエコな冷房としてシーリングファンの販売を増やそうとしてるそうです。AppleもiPhoneが地球温暖化時代に不可欠なツール、みたいな文脈でこう言ってました。「より深刻な気象災害が頻繁になる中で(中略)iPhoneは懐中電灯やサイレンになり、救急手当の方法を教えることができ、ラジオの役割を果たし、車のバッテリーやハンドクランクを使って何日間も充電可能です。」

でもSeedoは気候変動対応用というよりは、持続可能な農業ソリューションのひとつ、とされています。Levy氏は、この技術によってユーザーは自然の気まぐれを克服できるのだと強調しています。いわく、「屋外での農業には自然の要因がかかわってきますが、屋内では、ユーザー自身が母なる自然となるのです。」「Seedoは究極的には完全な環境コントロールを可能にし、作物が大きく、強く、より多く収穫可能になるために理想的な条件を与えることができます。」

Seedoの商用ユニットは40 x 24インチ(約102 x 61 cm)で、お値段は2400ドル(約26万円)。もちろんスマホアプリがあって、作物の生育状況をトラッキングでき、AIがそれを分析して肥料とか光、二酸化炭素といったインプットを最適化します。これまでに3000台出荷されているそうで、資金も1100万ドル(約12億円)集めています。

Seedoには業務用の大型ユニットもあり、こちらは「乾燥重量で年間326ポンド(約150kg)の大麻を生産可能」です。イスラエルの集産共同体キブツと提携して、「イスラエル初の、完全自動かつ商業規模の、無農薬コンテナ式大麻畑」を立ち上げてもいます。Levy氏いわく、これで「我々のAIによる技術を商業農業に活用でき、これによって地域の気候条件にかかわらず、作物の質・量・安定性を最大化することができる」とのこと。Levy氏はまた、自動システムによって水や電力、労働力が最適化され、それぞれを節約できることも強調しています。

Seedoが本当にそんなに効率よくたくさんの作物を作れるのかどうかはともかく、なんというかすごい時代ですね。何がすごいって、「自然から完全に切り離した農業のほうがエコ」っていう主張が成り立ってしまってるあたりです。これから気候変動が多分もっと進んでしまうのだと思われ、だから今までより効率の良い農業っていうのはすごく大事なんでしょうけど、そういう売り方が普通になりつつあるのはなんだか怖い気もします。

Source: SeedoLATimes

あわせて読みたい

powered by