瞳AFに改めて感動。ソニーの新望遠レンズ&α9ならだれでもスポーツ写真が「上手く撮れちゃう」

  • 10,550

  • author ヤマダユウス型
瞳AFに改めて感動。ソニーの新望遠レンズ&α9ならだれでもスポーツ写真が「上手く撮れちゃう」
Photo: ヤマダユウス型

プロの偉大さ、身にしみました。

2019年6月12日(水)、ソニー渾身のFEマウントレンズ「FE600mm F4 GM OSS」と「FE200-600mm F5.6-6.3 G OSS」が発表されました。どちらも最長600mmを引き寄せる超望遠!

実はメディア向けのお披露目があったのですが、いつも(会議室)とはすこし変わった場所に呼んでいただきまして。どこかと言いますと〜?

190607sonylens_02
Photo: ヤマダユウス型

調布にある味の素スタジアム横の競技場(AGFフィールド)です! レンズのお披露目で競技場だなんて、一体何が始まるかと思いきや、競技を行なう選手を今回のレンズを使って実際に撮影できるとのこと。なんて気合いの入った発表!

190607sonylens_03
Photo: ヤマダユウス型

左が600mm単焦点、右が200-600mmズーム。なんかもう両方デカくて笑っちゃいます。「こう見ると200-600mm小さいねー」って、いや小さくない小さくない。場所も広いせいで色々と感覚がマヒる。

早速、単焦点600mmから使ってみました。天気もクラっとくるほどに快晴で、スポーツ撮影をするには万全の環境!


一瞬を捉え続ける超望遠「FE600mm F4 GM OSS」

190607sonylens_04
Photo: ヤマダユウス型

デカすぎてまだ笑ってます。左に見える本体はα9なんですが、もうオマケにしか見えない。とはいえ重量は「FE 400mm F2.8 GM OSS」の2,895gからわずかに増えただけの3,045gと、600mmF4クラスでは世界最軽量。マグネシウム合金をふんだんに使うことで、見た目以上に軽くなってます。レンズ構成は18群24枚、絞り羽根は11枚の円形絞り。

190607sonylens_05
Photo: ヤマダユウス型

背負うとバズーカみたいですけどね。前玉と次のレンズに距離があるため、トップヘビーにはなりません。

190607sonylens_06
Photo: ヤマダユウス型

さすがに手持ちで振り回す筋力はないので、一脚にセット。三脚座のついたレンズなんてめったに使わないから、まごまご、まごまご。

190607sonylens_07
Photo: ヤマダユウス型

ハードル走の撮影をするため、カメラマンエリアに移動。今回の発表会にはプロのフォトグラファーもたくさん来ていまして、TシャツにVANSっていうラフスタイルでやってきた我々(写真右端手前)とは面構えからして違います。腰が引けてません?

撮影モードは、フレキシブルスポットM/トラッキング、AFの追従感度は2、もちろん瞳AFはオン。さぁ、こちらがα9と600mm単焦点で撮影した写真です! ちなみに枚数が多いのでスライドショーをクリックして見ていただくのがおすすめです。

DSC01505copy
Image: ささきたかし


DSC01506copy
Image: ささきたかし


DSC01507copy
Image: ささきたかし



DSC01508copy
Image: ささきたかし


DSC01509copy
Image: ささきたかし


DSC01510copy
Image: ささきたかし


DSC01511copy
Image: ささきたかし


DSC01512copy
Image: ささきたかし


DSC01513copy
Image: ささきたかし


DSC01514copy
Image: ささきたかし


DSC01515copy
Image: ささきたかし


DSC01516copy
Image: ささきたかし


DSC01517copy
Image: ささきたかし


DSC01518copy
Image: ささきたかし


DSC01519copy
Image: ささきたかし


DSC01520copy
Image: ささきたかし


DSC01521copy
Image: ささきたかし


DSC01522copy
Image: ささきたかし


わりとマジで、プロの画っぽくないですか? 手前に走ってくる選手の顔に、AFがバッチリ食いついてます。秒20コマというα9の連写力も相まって、バッチバチに撮れますよ。

190607sonylens_08
Photo: ヤマダユウス型

選手の顔を見てもらうと、瞳AFが食いついてるのがわかるかと。これに連写も付いてるんだから、インドア仕事の僕たちでも、スポーツ選手の躍動感を捉えることができました。当たり前ですけど、カッコいい画が撮れると楽しいですね。でへへ。

190607sonylens_09
Photo: ヤマダユウス型

続いては走り幅跳びの撮影にいきます。撮れるってわかったら移動もこなれた感が出るってもんですよ。

190607sonylens_10
Photo: ヤマダユウス型

撮影エリア着(ドヤァ)。

190607sonylens_11
Photo: ヤマダユウス型

砂場の奥から走ってくる選手を撮影します。幅跳びは飛び散る砂を低シャッタースピードで抑えられるとカッコいいけど、どんな画が撮れるかな。

1_DSC02041
Image: ささきたかし


1_DSC02042
Image: ささきたかし


1_DSC02043
Image: ささきたかし


1_DSC02044
Image: ささきたかし


1_DSC02045
Image: ささきたかし


1_DSC02046
Image: ささきたかし


1_DSC02047
Image: ささきたかし


1_DSC02048
Image: ささきたかし


1_DSC02049
Image: ささきたかし


1_DSC02050
Image: ささきたかし


1_DSC02051
Image: ささきたかし


1_DSC02052
Image: ささきたかし


1_DSC02053
Image: ささきたかし


1_DSC02054
Image: ささきたかし


1_DSC02055
Image: ささきたかし


1_DSC02056
Image: ささきたかし


1_DSC02057
Image: ささきたかし


1_DSC02058
Image: ささきたかし


1_DSC02059
Image: ささきたかし


1_DSC02060
Image: ささきたかし


1_DSC02061
Image: ささきたかし


1_DSC02062
Image: ささきたかし


1_DSC02063
Image: ささきたかし


1_DSC02064
Image: ささきたかし


1_DSC02065
Image: ささきたかし


1_DSC02066
Image: ささきたかし


1_DSC02067
Image: ささきたかし


1_DSC02068
Image: ささきたかし


1_DSC02069
Image: ささきたかし


1_DSC02070
Image: ささきたかし


いやほんと、レンズのおかげでここまで撮れるのってすごいです。でも、こうなると自分のフレーミング技術がダイレクトに出てしまうから、これはこれでむずい。上下に動かすなら一脚無いほうが良いかもなぁ。

190607sonylens_12
Photo: ヤマダユウス型

最後は走り高跳び。高跳びはAFがポールに流れたり、幅跳び以上に選手が上下に動くからフレームアウトしやすかったりと、今日撮影した競技のなかで一番難しかったです。陸上競技の撮影にも、色々あるんですねぇ。

1_DSC02340
Image: ささきたかし


2_DSC02341
Image: ささきたかし


3_DSC02342
Image: ささきたかし


4_DSC02343
Image: ささきたかし


5_DSC02344
Image: ささきたかし


6_DSC02345
Image: ささきたかし


7_DSC02346
Image: ささきたかし


8_DSC02347
Image: ささきたかし


9_DSC02348
Image: ささきたかし


10_DSC02349
Image: ささきたかし


11_DSC02350
Image: ささきたかし


12_DSC02351
Image: ささきたかし


13_DSC02352
Image: ささきたかし


14_DSC02353
Image: ささきたかし


15_DSC02354
Image: ささきたかし


16_DSC02355
Image: ささきたかし


17_DSC02356
Image: ささきたかし


18_DSC02357
Image: ささきたかし


19_DSC02358
Image: ささきたかし


20_DSC02359
Image: ささきたかし


21_DSC02360
Image: ささきたかし


22_DSC02361
Image: ささきたかし


23_DSC02362
Image: ささきたかし


24_DSC02363
Image: ささきたかし


25_DSC02364
Image: ささきたかし


26_DSC02365
Image: ささきたかし


27_DSC02366
Image: ささきたかし


28_DSC02367
Image: ささきたかし


うーん、むずい。フレーミングだけは撮影者の腕次第ですからね。カメラとレンズに撮影者が追いついてないってこと、あるある。頑張りたい。

190607sonylens_13
Photo: ヤマダユウス型

600mmの分解図。ミラーレス専用設計の600mmレンズは、おそらくこれが業界でも初めてだそうな。これで航空祭撮影とかしたら、どれだけヌケた画が撮れるんだろうか…そら恐ろしいワクワクがありますね。

すべての望遠領域を我が手中に「FE200-600mm F5.6-6.3 G OSS」

190607sonylens_14
Photo: ヤマダユウス型

次はズームレンズ「FE200-600mm F5.6-6.3 G OSS」を触ってみましょう。200mmって焦点距離は動物園や運動会などには便利で、わりと普段づかいできる距離感。それがさらに600mmまでイケるってなったら、もはや我に撮れぬものなしってくらいの全能感ですよ。重さは2,115g、レンズ構成17群24枚、絞り羽根11枚の円形絞り。インナーズームです。

190607sonylens_16
Photo: ヤマダユウス型

縦持ちも安定。ズームリングはなめらかで、こちらもトップヘビーにならずかなり安定感があります。翌日の筋肉痛を承知するなら、手持ち撮影もわりとアリです。


190607sonylens_17
Photo: ヤマダユウス型

200−600mmの倍率がどんなもんか、観客席の端からフィールドを狙い撃ってみました。

201906giz_DSC02852
Image: ささきたかし
こちらが200mm


201906giz_DSC02853
Image: ささきたかし
こっちが600mm


うーむ、全能感。これぞ単焦点にはない醍醐味よ。

190607sonylens_18
Photo: ヤマダユウス型

重さもそれほどなので、超望遠でなければ手持ちでも特に問題なし。200-600mmで撮影した写真はこんな感じです。

1_DSC02728
Image: ささきたかし


2_DSC02729
Image: ささきたかし


3_DSC02730
Image: ささきたかし


4_DSC02731
Image: ささきたかし


5_DSC02732
Image: ささきたかし


6_DSC02733
Image: ささきたかし


7_DSC02734
Image: ささきたかし


8_DSC02735
Image: ささきたかし


9_DSC02736
Image: ささきたかし


10_DSC02737
Image: ささきたかし


11_DSC02738
Image: ささきたかし


12_DSC02739
Image: ささきたかし


13_DSC02740
Image: ささきたかし


14_DSC02741
Image: ささきたかし


15_DSC02742
Image: ささきたかし


16_DSC02743
Image: ささきたかし


17_DSC02744
Image: ささきたかし


18_DSC02745
Image: ささきたかし


19_DSC02746
Image: ささきたかし


この、横からの写真がすごくプロっぽい。ぽくない? まさに一瞬の躍動を切り取ってる気分ですよ〜。

競技場をウォッチング

190607sonylens_19
Photo: ヤマダユウス型

せっかくスタジアムに来たので、この超望遠レンズに似合いそうなシチュエーションを探してみました。やっぱり大きなレンズを持つだけでその道のプロ感が出ますね、自然と。

190607sonylens_20
Photo: ヤマダユウス型

客席前方にこういう人いるいる。

190607sonylens_21
Photo: ヤマダユウス型

この距離でも、ファインダーは選手の表情を捉えてます。

190607sonylens_22
Photo: ヤマダユウス型

気分はスナイパー。

190607sonylens_23
Photo: ヤマダユウス型

機材貸出エリアでは、フォトグラファーやメディア向け機材の整理をしていました。

190607sonylens_24
Photo: ヤマダユウス型


190607sonylens_25
Photo: ヤマダユウス型

超望遠レンズやα9が並ぶ姿は圧巻、というか業務感。塩ラムネとかももらっちゃってありがとうございました。

望遠ってすごい。αシステムはさらなる高みへ

こうした大きな競技場を借りてのレンズ試写会兼発表会は、ソニーとしても初の試みとのこと。会場が決まったのも発表会の1週間前だったそうですよ。ひえぇ。

190607sonylens_27
Photo: ヤマダユウス型

でも、おかげでとても楽しく望遠レンズの性能を味わうことができました。参加していた他の人たちが口を揃えて「上手く撮れちゃうね」って言ってたのを覚えています。僕らたちも言ってましたし、実際上手く撮れちゃうんだから、レンズとカメラの力はほんっとうに偉大だなぁって。

今回の2本のレンズ追加によって、αシステム全体で計51本、FEレンズとしては計33本になりました。FEレンズだけでみると、超広角の12mmから始まって600mmまでカバーできるようになりましたね。さらにテレコンも1.4と2倍がありますから、最大で1200mmのフルサイズ? うっへぇ。

190607sonylens_26
Photo: ヤマダユウス型

実際、スポーツ写真の分野でもαの使用率は増えているそうで、600mmレンズの要望は多かったそうです。さすがに単焦点はプロや業務用途がメインになりますが、200-600mmのズームは、ハイアマチュアのニーズもあるはず。瞳AFと600mm。これで何を引き寄せようか、考えるとワクワクしませんか?

190607sonylens_28
Photo: ヤマダユウス型

最後にお値段です。「FE600mm F4 GM OSS」は、税抜き179万5000円の受注生産。「FE200-600mm F5.6 6.3 G OSS」は税抜き27万8000円。切り取る世界を変えるなら、αシステムにはコイツがありますぞ。

190607sonylens_29
Photo: ヤマダユウス型

超望遠、超楽しかったーッ!


    あわせて読みたい

    powered by