水中に潜れるテスラEV? 開発は夢ではないようで…

  • author 湯木進悟
水中に潜れるテスラEV? 開発は夢ではないようで…
Image: Tesla

007世界現実へ!

EV(電気自動車)の王者として、数々の高性能なモデルをリリースしてきたTesla(テスラ)ですけど、その夢は無限大のようです。このほどTechCrunchは、カリフォルニア州マウンテンビューで開催された、Teslaの年次株主総会において、Elon Musk(イーロン・マスク)CEOが、次世代の水陸両用車の開発に言及したことを伝えています。もしや、ザブンと川や湖へ飛び込み、ブクブクと水中へ潜っては移動できる、Teslaの新モデルが登場したりするのでしょうか?

実はMusk氏は、映画「007 私を愛したスパイ」の撮影に用いられた、潜水艇の仕様のLotus Esprit(ロータス・エスプリ)を、オークションで落札して所有しているというのは、有名な話です。今回、ある株主から、まるでボンドカーのような水中でも自由自在に操縦できる新モデルの開発構想があるかについての質問が飛び出しました。驚くべきことに、その構想に基づく設計が、まったく存在しないわけでもないようなのです…。

これほどクールなことってないでしょう。技術的には、製造も不可能なレベルではありません。ただし、それを求める市場のニーズは、あまりにも小さいと思われます。とてもワクワクするコンセプトですが。

Musk氏は、こんなふうに答えたとされていますよ。EVビジネスの収益は決して大繁盛というわけではなく、あまりTeslaも余計なものに手を出している余裕なんてないでしょう。とはいえ、かっこいいEVを乗り回し、水のなかだってザブザブとドライブできるなんて、かなり男心をくすぐられそうです。夢のようなボンドカー仕様のモデルが、そのうち本当に、Teslaから超豪華パッケージで登場してきたら最高でしょうね~。

Source: TechCrunch

あわせて読みたい

powered by