映画『トータル・リコール』(1990年)のVFXの裏話が語られるドキュメンタリー映像

  • 9,286

  • author Germain Lussier - Gizmodo io9
  • [原文]
  • 岡本玄介
映画『トータル・リコール』(1990年)のVFXの裏話が語られるドキュメンタリー映像
Image: TriStar

火星の地表は巨大なジオラマを作って撮りました。

フィリップ・K・ディック原作でアーノルド・シュワルツェネッガー主演のSF映画『トータル・リコール』。奇想天外かつ印象的なシーンの連続で、永遠に語り継がれる名作ですよね。2012年にはリメイク作品も作られました。

VFX黎明期の苦労

1990年、ポール・バーホーベン監督がメガホンをとった映画が公開されたとき、劇中のVFXに取り組んだ何人かのスタッフは、エンドロールに名前がクレジットされなかったのだそうです。当時はまだ、今ほどVFXが多用されておらず、当人たちはどう上に掛け合えば良いのかもわからないような、手探りの状態だったのだとか。なのでどうにか、会社名だけがクレジットされたのでした。

しかしながら、第63回アカデミー賞で特別業績賞(視覚効果賞)を受賞してから、変化が訪れました。その後『トータル・リコール』は家庭用VHSテープとして発売されることになり、そこでやっとVFXチームの個人名が追加されるようになったのでした。この話は、スタジオカナルから公開された、作品のVFXにまつわる23分のドキュメンタリーの中で語られています。これは彼らのすばらしい裏話のひとつに過ぎません。

このドキュメンタリー映像では、劇中に登場するすべてのVFXについて語られているわけではありませんが、火星の地表を表現したジオラマ制作の秘話や、X線の効果を使った金属探知機シーンがどのように撮られたか、といった裏話が語られています。

Video: StudiocanalUK/YouTube

火星の再現

ミニチュア効果の共同監督、マーク・ステットソン氏いわく、2万平方フィート(縦横比は不明ですがザックリ43m x 43mくらい)という火星を模したジオラマが巨大すぎたので、スタジオの近くに倉庫を借りたのだそうです。

地形だけでなく、航空機や列車などの乗り物も制作し、前方や後方に映像を投射するトリック撮影を駆使したとのこと。スタッフは赤土にまみれていつも汚れていたのだとか。

X線映像でガイコツの再現

そして、空港にて銃火器を所持していないかどうかをチェックするX線検査機のシーン。ここでは本物のX線写真のように、骨の中心部が透けて見えるような特殊効果を使い、現実味を出すようにしました。

シュワルツネッガーの動きをCGのガイコツに反映するためのモーション・キャプチャー撮影では、黒い服を着て来るよう頼んだのに、シュワルツネッガー白を着てきたというエピソードも。撮影は失敗してしまったのですが、結局白い服の輪郭をトレースしてあのシーンが出来たので、結果オーライだった……なんて話もありました。


今ほどCG技術が発達していなかった1990年、試行錯誤でアナログとデジタルを巧みに使い分けてあの映画が作られたのですね。アカデミー賞を獲るのも納得です。今でも色あせず、衝撃的で斬新な映像が満載の『トータル・リコール』。久々にご覧になってはいかがでしょうか?

Source: YouTube
Reference: Wikipedia

あわせて読みたい

powered by