作品のクオリティ高っ! AIお絵描きロボット「Ai-Da」の作品が展覧会に出展

  • author 岡本玄介
作品のクオリティ高っ! AIお絵描きロボット「Ai-Da」の作品が展覧会に出展
Image: Victor Frankowski via dezeen

不気味の谷度低め、作品のレベル高め。

AI内蔵ロボットといわれると、不気味の谷度高めで「人類を滅亡させる」と発言した「ソフィア」や、デザインがいろいろオカシい妹の「リトル・ソフィア」の姉妹なんてのがいますが……その業界に新しく、一芸に秀でたAIロボット「Ai-Da」が登場しました。

彼女が得意とするのはアート。しかもデザイン性の高い抽象画で、どんな場所に飾っても合いそうなクオリティーの高いものなんです。

AIとアートの関係

まずAIが生み出すアートといえば、これまでにはトラウマ級にキモいアートを生成するGoogleの「Deep Dream」に始まり、アンディ・ウォーホルを超えて約4800万円で売れた肖像画を描いたものなどがありました。スタイルはいろいろありますが、AIとアートは好相性なんですよね。

Ai-Daの実力

そして彼女もご多分にもれず、アートが大得意。dezeenによりますと、彼女は人間同様に両眼(に仕込んだカメラ)で対象物を捉え、その形状をアルゴリズムが仮想的に筆を走らせる経路を生成、その信号が現実の空間でどのようにロボット・アームを動かせば良いのかを伝え、彼女自らが描画するのだそうです。また顔認証システムも搭載しているので、似顔絵も得意だとか。

190618_aida2
Image: Nicky Johnston via dezeen

ロボットならではのメリット

Ai-Daのスタイルは、もはや何を見て描いたのかわからないほど抽象的ですが、大胆さと絶妙なバランスと落ち着いた色遣いで、非常にレベルの高い作品が出来ているように見受けられます。おそらく黄金比などもしっかりインプットされており、相性の良い色の組み合わせなども頭に入っているのでしょうね。

何よりロボットで良かった点は、人間のように産みの苦しみがないことでしょう。血の滲むような努力や、血の涙を流すほど脳みそをフル回転させることもなく、文字通り機械的に作品が出来るだなんて、人間からしたら羨ましい限り。

展覧会に参加中

彼女の作品は現在、7月6日までオックスフォードにあるセント・ジョン・カレッジ内のThe Barn Galleryで開催されている「Unsecured Futures」展に参加中とのこと。下世話ですが、もし競売に出したとしたら、彼女の作品がサザビーズでいくらの値が付くのかも気になっちゃいます。


Source: Unsecured Futures via dezeen

    あわせて読みたい

    powered by