みんなが大騒ぎしてる「スマホのせいで頭蓋骨にツノが生えた」はホント?

  • 27,843

  • author Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US
  • [原文]
  • scheme_a
みんなが大騒ぎしてる「スマホのせいで頭蓋骨にツノが生えた」はホント?
みんなが大騒ぎしている「ツノ」 Image: Sahar and Sayers/Scientific Reports (2018)

まだ慌てるような時間じゃない。

「スマートフォンが原因で一部の若者の頭蓋骨からツノ、または突起物が生えてきている」とWashington PostNBCNewsweekなどの大手メディアを見ている方は最近読んだかもしれません。

これが未来の人間への進化か?!と興奮した方には申し訳ないのですが、この研究はまだ完全ではありません

オーストラリアの研究がネタ元

オーストラリア、サンシャインコースト大学の研究者、David Shahar氏とMark Sayers氏による研究結果はオーストラリアのメディアを通じ、「若い世代は頭の後ろにツノが生え始めている」などの見出しで拡散しました。現在あらゆるジャーナリストたちに引用されている論文によると、研究者たちは一部の人たちの後頭部に生えている大きな突起物に着目しました。この現象が若者に多く発現していることから、その理由はスマートフォンの見すぎであるとメディアは主張しています。

論文では「あくまで仮説」

しかし、論文はこの「ツノ」と携帯の使用の関連性を証明してはいません。論文の概要にはこうあります。

「私たちは、この外後頭隆起がスマートフォンやタブレットなどの使用による、異常な姿勢の維持によるものではないかと仮説を立てました」

つまり仮説であって、実証されたわけではないんです。この論文を引用している人たちは、こんな骨がそもそもあることにビックリしているでしょう。

では、論文には実際なんて書いてあるのでしょうか? それによると、若い年齢層の一部(18歳や30歳前後)で突起物がより大きいことが観測されました。他の調査では突起物のある10代の若者4人を調べ、関節へのストレスといった「機械的な影響」に原因の可能性があるとしています。3つ目の調査では「ツノ」の大きさを被験者の年齢、性別、そして頭が脊髄からどれだけ離れているかと比較しました。

「スマホを使っていない人たち」との比較が行なわれていない

この3つ目の調査では計算の結果、35パーセントから40パーセントの若者の後頭部に大きな突起物があり、男性の方がより大きいと結論づけました。ただ、ウィスコンシン・マディソン大学の人類学者、John Hawks氏がブログで指摘しているように、グラフはその結論を裏付けているようには見えません。もっとも重要なのは、彼らが「スマホを使っているグループ」と、それに対する対照群として「スマホを使っていない」または「あまり使わない」グループを比較しなかったことです。なので、スマホのせいだと言い切るには至らないのです。

問題は他にもあります。New York Timesが指摘しているように、そもそも被験者は皆カイロプラクターに来るほどの痛みを抱えていた人たちなので、突起物を持った人が多かったのはそれが理由かもしれません。

他の研究者による再検証も必要

例えこの研究でスマホと突起物の関連性を実証できたとしても、他の研究者が再検証を行わなければ結果が確かとは言えません。面白い仮説なのは間違いないし、悪い姿勢が骨を異常に成長させているならそれは由々しき問題です。一日中座ってスクリーンを眺めているのが首や肩の痛みを起すことは既に知られていますしね。ただ、スマートフォンが原因で頭蓋骨に異常な突起物ができると騒ぐなら、まずはちゃんと仮説を実証してからですよね。

    あわせて読みたい

    powered by