地獄の釜にフタ。YouTubeのコメント欄を非表示にするテストがインドで開始

  • author Sam Rutherford - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
地獄の釜にフタ。YouTubeのコメント欄を非表示にするテストがインドで開始
Image: Sam Rutherford/Gizmodo

画面のロード時間節約にも繋がったりして?

ほとんどの人たちなら同意してもらえると思うんですが、YouTube動画にはしょーもないコメントがついていることがよくあります(とくに、書き込みをした人が最後に特定のMVを見た年を教えてくれるものとか? )。YouTubeのコメント欄はネット上でもっとも不愉快なコメントが集まる場所のひとつとして認識されています。

そして今、運営開始から何年も経って、Googleはやっとこさこの問題を認識したらしく、インドでコメントをデフォルトで非表示にさせるテストを開始し、これまでの状況を変えようとしています。

まだ実装は限定的

この実験は、XDA Developersにて最初にキャッチされました。そして現在、実装されるのはAndroid向けのYouTubeアプリのみのようです。Googleがやることなので非常にわかりやすいですよね。

コメント欄は、普段ならYouTube動画のページを開いて下の方、評価や共有ボタン、おすすめ動画の列のさらに下に出てきます。ですがインドのテスト版では、Googleは単純にこのコメント欄を排除しており、評価ボタンのとなりにコメントというボタンを配置しました。そしてここをタップすると、ようやくコメント欄が出現するのです。

新たなコメント・ボタンの場所を設けるため、YouTubeは後で見るボタンを排除しました。このボタンを邪魔に思う人もいるようですが、さりとて完全になくなったわけではありません。これは矢印をクリックして動画の説明文を表示させる、ドロップダウン・ウィンドウに移動されることとなりました。(XDA Developersにはそのスクリーン・ショット画像があります)

コメント完全排除ではない

YouTubeにつくコメントがあまり参考にならないのはご存知の通りですが、中には有益な情報心温まる逸話もたくさん書き込まれることも、また長い楽曲リストの中から、時間をかけて全曲をリストアップしてくれる貴重な書き込みもあるんですよね。そういう意味では、YouTube側がコメントを完全に排除せず、ボタンで隠すことは喜ばしいことかと思います。

もしかすると、どうでも良いようなコメントが書かれるのは、それらを読んだり投稿したりするプロセスがあまりに簡単だからかもしれません。なのでそこをより慎重にすることで、YouTubeはもっと思慮深い議論を応援しているのかもしれません。

YouTube広報からのご意見

YouTubeは、米Gizmodoに以下のコメントをくれました。

私たちは常に、人々にとってもっとも重要な動画を見たり、共有したり、やりとりしたり出来るよう、より簡単に見つけられる方法を試しています。そして我々は、閲覧ページにどうコメントを表示するか、いくつか違ったオプションをテストしています。今回のものは、常にYouTube上で実装されている、いくつもある小さな実験に過ぎません。

そしてこれらの実験のフィードバックに基づいて、機能をさらに拡大することを検討していきます


ある人にとっては無意味なコメントでも、書き込んだ本人からしたら価値ある素直な感想かもしれません。そういう意味では、一概にすべてに価値がない、とは言い切れませんよね。むしろすべてのコメントが意識高くても、読む方は疲れそうな気もします。

結局は、ネットユーザーのリテラシーが高まるのが、一番なのかぁと思ったり。

Source: XDA Developers

あわせて読みたい

powered by