500ドルスマホ Asus Zenfone 6レビュー:Galaxy S10とほぼ同等スペックで、値段は半額!

  • 34,399

  • author Sam Rutherford - Gizmodo US
  • [原文]
  • そうこ
500ドルスマホ Asus Zenfone 6レビュー:Galaxy S10とほぼ同等スペックで、値段は半額!
Image: Sam Rutherford (Gizmodo)

ライバルはPixel 3a。

スマホは、これから先ハード面でもまだまだ変わっていく。そう感じて楽しくなるスマートフォンがAsusの新端末Zenfone 6。500ドル(約5万4000円)の中価格帯端末。このジャンル、中価格を実現するために「この手があったか!」というアイディアが詰まっていて個人的にとても好きです。特にZenfone 6は、ぜひ手にとって体験したい端末。カメラがね、カメラがくるっ!ってなるんです。米Gizmodo編集部がレビューしてきたのでどうぞ。くるっ!を理解するには、言葉よりもみるのが早い。レビュー冒頭にまず動画レビューをはっておくので、見てからだとよりわかりやすいです(くるっ!は動画の00:05あたりから見られます)。



ノッチという存在が世にでるやいなや、スマートフォン業界がはじめたこと。それは、ノッチを消すため、つまりセルフィーカメラ(前カメラ)をうまいこと隠すための方法をあれこれ模索し始めたこと。パンチホールディスプレイしかり、カメラポップアップしかり。すでに複数パターンが登場していますが、その中でもAsus Zenfone 6は目立った存在と言っていいでしょう。パワフルかつお財布に優しい中価格、その上とっても個性的ですから。

190624zonfone601

Zenfone 6とは?:Asusのフラッグシップ端末。高スペックにユニークな可動式カメラが特徴。

価格:500ドル

いいところ:このスペックでこの価格はお得。ノッチなし。くるっとまわるカメラ。ヘッドフォンジャックあり。

残念なところ:耐水なし。ワイヤレス充電なし。6.4インチスクリーンは明るくて大きいが、OLED搭載の競合端末と比べると色味がいまひとつ。(米国の場合は)VerizonとSprintが使えず。

まずカメラを語りたい!

それはZenfone 6の最も大きな個性、それはくるっと回るカメラ。リアカメラが物理的に回転して、セルフィーカメラにもなるんです。前後だけでなく、革新的ともいえるカメラヒンジのおかげで、前後の間好きな角度で撮影できるのも嬉しい。ちょっといいカメラリグ使ってる気分で、パンショットを撮ることも可能。125度のウルトラワイドレンズに切り替えての撮影も可。あれこれ楽しい使い方ができるものの、唯一できないのはズーム。これは、もうユーザー自身が足で近づいてなんとかしてください。

マニュアルコントロールだけでも十分楽しいのですが、もちろんあれこれカメラ機能ついています。まずはパノラマ機能、カメラの可動域を利用したオート180度撮影。そしてモーショントラッキング機能、選択した人・モノの動きに合わせカメラが移動、フレーム内に対象物を納め続けます。この2点、動くカメラの特徴を大きくいかした機能かつ動画をよく撮る人に重宝される機能です。もちろん、一般ユーザー向けに、他にもたくさんの撮影機能ついてます。また、Google(グーグル)、Samsung(サムスン)、Huawei(ファーウェイ)作の端末じゃないわりに、カメラのクオリティが悪くないのにも注目。

下のスライドショーにPixel 3やGalaxy S10+との比較画像を置いています。悪くないでしょ? 牧草の写真(1枚目)は明るい&色もいい。ただ、ちょっとアップして見ると、ギザってしまいますけれど。ちょっと暗めのレストランに飾ってあったブッダの置物(2枚目)、Galaxy S10+の方が背景のディティールまで捉えてはいるものの、Zenfone 6だって大きく引けを取ってはいません。ピンクの点心(3枚目)では、Pixel 3の方が色が濃いもの、Zenfone 6も悪くない。差がついてしまったのは、暗所撮影。Zenfone 6にもナイトモードはあるものの、GoogleのPixel 3に搭載されている「Night Sight」は圧勝。モードON/OFFで比較すると雲泥の差です。

20190624gizmodo_zenfone6_1
Image: Sam Rutherford (Gizmodo)


20190624gizmodo_zenfone6_2
Image: Sam Rutherford (Gizmodo)


20190624gizmodo_zenfone6_3
Image: Gizmodo US


20190624gizmodo_zenfone6_4
Image: Sam Rutherford (Gizmodo)


20190624gizmodo_zenfone6_5
Image: Sam Rutherford (Gizmodo)


20190624gizmodo_zenfone6_6
Image: Gizmodo US


20190624gizmodo_zenfone6_7
Image: Gizmodo US


20190624gizmodo_zenfone6_8
Image: Gizmodo US


注目はカメラ。でも、カメラだけじゃない!

いくらカメラがユニークで面白いと言っても、他がダメならスマートフォンとしてはダメなわけで。でも、Zenfone 6はその心配なし。500ドルという価格で、このスペックはさすがフラッグシップ端末! プロセッサはQualcomm Snapdragon 855、RAMが8GB、容量256GBでmicroSDカードスロットで拡張対応。さらに、ヘッドフォンジャックあり。OSはAndroid 9を軽くいじってある程度。バッテリー5,000mAhも見事で、連続動画再生テストでは15時間09分をマーク。同価格帯はもちろん、もっと高いHuawei P30 Proが15時間24分、Galaxy S10+が15時間09分ですから、これはZenfone 6大健闘、見事です。また、Asusが新たに採用している18ワット高速充電のおかげで、充電時間が短いのも嬉しい。

他には、スクリーンではなく背面に指紋認証センサーがあること、下部に音声アシスタント用のボタンがあるのも特徴の1つ。また、下部にスピーカーでステレオサウンドが実現されているのもいいですね。

20190624gizmodo_zenfone6_61
Image: Sam Rutherford (Gizmodo)


20190624gizmodo_zenfone6_62
Image: Sam Rutherford (Gizmodo)


20190624gizmodo_zenfone6_63
Image: Sam Rutherford (Gizmodo)


20190624gizmodo_zenfone6_64
Image: Sam Rutherford (Gizmodo)


20190624gizmodo_zenfone6_65
Image: Sam Rutherford (Gizmodo)


20190624gizmodo_zenfone6_66
Image: Sam Rutherford (Gizmodo)


20190624gizmodo_zenfone6_67
Image: Sam Rutherford (Gizmodo)


20190624gizmodo_zenfone6_68
Image: Sam Rutherford (Gizmodo)


20190624gizmodo_zenfone6_69
Image: Sam Rutherford (Gizmodo)


ハイエンド端末にあって、Zenfone 6にないもの

とはいえ、やはりハイエンド端末に劣るところもあるわけで。今やけっこう当たり前となっている耐水&ワイヤレス充電機能がZenfone 6にはなし。ワイヤレス充電がないのは残念だけど、価格を考えると納得もします。可動カメラのおかげでフルスクリーンではあるものの、OLEDではなくLCDスクリーンを採用しているので、色のビビットさやリッチさではOne Plus 7やGalaxy S10に劣ります。

190624zonfone602
Image: Sam Rutherford (Gizmodo)

あとは、端末最大の特徴である可動カメラに不安要素があるとしたら、どれぐらいもつの?ということ。Asusいわく、可動カメラのモーターは13ものギアをもつヤツとのこと。ただ、可動何回とか何年耐久というのはわからないので、これが壊れたらアウトだなと思うとちょっとビクビクしちゃう。

タフなモーターのおかげで、(設定すれば)カメラを顔認証端末アンロックにも使えるのですが、その起き上がるスピードにはビックリ。ただ、マニュアルモードでカメラの角度変更の動きはちょっとおぼつかないものがあり、モーター感あり。端末内部のウィーンというモーター音が不安という人、ノスタルジックで好きという人にはっきり分かれそう。

190624zonfone603
Image: Sam Rutherford (Gizmodo)

もしかしたら壊れるかも…。いつ壊れるか不安…。と思いつつ過ごしたレビュー期間ではあったものの、Asusの可動カメラというアイディアを十分エンジョイできました。同価格帯のMoto Z4やOnePlus 6Tと比較すると、スペックもバッテリーも上。さらに他の端末には絶対ない個性があると思うと惹かれますね。強力ライバルとなるのは、400ドル(約4万3000円)のPixel 3aでしょう。

まとめ

・Galaxy S10とほぼ同等スペックで、値段は半額!

・CDMAネットワークが非対応なので、(米国の場合は)VerizonとSprintは使用できず

・ポップアップカメラが前後なのに対して、48MPの可動カメラなら広い角度で撮影できる

・15時間09分という驚異のバッテリー力



値段が下がるぶん、何を妥協するかというのがこの中価格帯を選ぶ鍵となりますが、Zenfone 6のスペックは申し分ないですよね。価格の下りを感じないスペック。米Gizmodoが言うように、さらにオンリーワンの個性があるので、1度使ったらコレしかダメになった!というユーザーがこれからでてきてもおかしくない楽しみな端末です。


Asus Zenfone 6 ほしい?

  • 0
  • 0

    あわせて読みたい

    powered by